カナダ

カナダ:バンクーバー

西川 桂子(にしかわ けいこ)

職業…翻訳者、ライター、記者
居住都市…バンクーバー(カナダ)

前の月へ

2020.10

次の月へ
S M T W T F S
    1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

新型コロナで集まるなら屋外が推奨されています

新型コロナで集まるなら屋外が推奨されています

 今日はご近所さんがもうすぐ引っ越すということで、送別会でした。

 招待を受け取ったとき、新型コロナウイルス感染の心配もありますし、出席するか少し悩みましたが、屋外でのパーティということで行ってきました。

 もう一つ悩んだのが、何を持って行くか。

 ホームパーティの場合、ポットラックと言われる料理持ち寄りスタイルが多く、ホストがメインディッシュを用意して、招待客はデザートやアペタイザー、サラダなどを持って行きます。

 日本人の私の場合、カナダ人の家に招待されると、カナダ人にも受け入れられるような日本食を持って行ったり、あるいは普通にサラダ、野菜スティックとディップ、チーズプレートなどを用意します。


去年の持ち寄りパーティでの料理。自分で取り分けるスタイル

去年の持ち寄りパーティでの料理。自分で取り分けるスタイル

 焼きそばにしようかな...と思いながら、時間の再確認に招待メールを見て、慌てました。というのも、食べ物は個別包装か、一人分ずつ分けて持って来てほしいとあります。

 そういえばウエディングシャワーの料理は串を使ったりして、個別だったことを思い出しました。文章での説明が難しかったので画像を付けます。


今年は最初から分けてあります

今年は最初から分けてあります

 カップがあるので焼きそばを分けて入れるかと迷いましたが、焼きそば自体が色も地味だし、気持ちが乗りません。

 結局、個別包装になっているポッキーがあったので、ポッキーを持って行きました。カナダにはグリコの子会社、Glico Canadaがあり、ポッキーは比較的簡単に手に入ります。

 ポッキーが大好評でホッとしましたが、手抜きだったなと後で反省。

 そのほか、ハンドサニタイザー持参したりと、コロナでホームパーティも変わっています。




レポーター「西川 桂子」の最近の記事

「カナダ」の他の記事

  • 111 ビュー
  • 0 コメント

0 - Comments

Add your comments

サイト内検索

Name(required)

Mail(will not be published)

Website

Archives