フランス

フランス:パリ

別紙 敦子(べっし あつこ)

氏名=別紙敦子
職業=観光業
居住都市=パリ(フランス)とバルセロナ(スペイン)年間1:2の割合で、行き来しています。

前の月へ

2021.4

次の月へ
S M T W T F S
    1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

高さ31メートルのカタルーニャ地方最大のクリスマスツリー

高さ31メートルのカタルーニャ地方最大のクリスマスツリー

2020年暮れから年明けには、パンデミックによるセキュリティー上の理由から、昨年開催された港付近の大々的なクリスマスフェアは開かれませんでした。

しかし、住人が埠頭(ふとう)を散歩するように招待すれば地域、飲食店、職人をサポートすることになりますので、港に大きなクリスマスツリーを置き、様々なライトを点灯しました。

こうして年末年始は、、バルセロナ港沿いの遊歩道のヤシの木と海洋博物館の歴史的な船、桟橋の水面に浮かぶイルミネーションが輝き、コロンブスの塔からスタートするメインストリート・ランブラス通りのイルミネーションと融合して素晴らしいです。


バルセロナ港、1月2日撮影

バルセロナ港、1月2日撮影

港湾エリアでは、光、音楽、色のショーが毎夜繰り広げられ、ロマンティックで華やいでいます。

音楽は、ジェームズ・ブラウン、ジョージ・マイケルのラストクリスマス、カリブ海の海賊のサウンドなど。


17時半から点灯。1月6日までショーは続きます。

17時半から点灯。1月6日までショーは続きます。

衛生対策、社会的距離、人数制限、一方通行など、セキュリティ担当者によって制御はされていますが、照明が皆と全体を輝かせ、散歩するととても気分が良くなりました。


今回の年末年始は、計画変更を余儀なくされたことも多い中、市民を対象にした各種の取り組みは、十分に地域を活気づけることが出来ていると思います。

欧州の中でバルセロナ市が、3大人気観光都市の一つである理由を 再確認した気が致しました。


光や色が常に変わってとても楽しい!

光や色が常に変わってとても楽しい!


レポーター「別紙 敦子」の最近の記事

「フランス」の他の記事

0 - Comments

Add your comments

サイト内検索

Name(required)

Mail(will not be published)

Website

Archives