台湾

台湾:台北

小川 聖市(オガワ セイイチ)

職業…日本語教師、ライター

居住都市…台北市近郊の新北市(台湾)

前の月へ

2021.4

次の月へ
S M T W T F S
    1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

テーブルゲームのコーナー

テーブルゲームのコーナー

 少し前からゲームショーでも見かけるようになったテーブルゲームのコーナー。各ブースでは、旧正月に備え、福袋の販売が目立ちましたが、入場制限の影響を受け、足を止める人が少なかった印象を受けました。


イベントコンパニオンもマスク姿

イベントコンパニオンもマスク姿

 ゲームショーで必ず見かけるイベントコンパニオンもマスク姿。
 コスプレにマスクの組み合わせは、カメラマンにどう映ったでしょうか。


ゲームアプリ「灌籃高手 SLAM DUNK」のブースより

ゲームアプリ「灌籃高手 SLAM DUNK」のブースより

 ゲームアプリ「灌籃高手 SLAM DUNK(スラムダンク)」のコーナーは、ゲーム体験の他、フリースローゲーム機などの体験、ゲストと一般来場者代表の対戦などが行われました。

 DeNAが提供しているゲームですが、中国語(簡体字、繁体字)版、韓国語版はあるものの、日本語版がないのが残念なところです。
 
*「灌籃高手 SLAM DUNK」繁体字版の公式ホームページ

https://slamdunkmobile.com


終了前に行われるダンス

終了前に行われるダンス

 終了前には、初代エンディングテーマの「あなただけ見つめている」に乗って、コンパニオンたちがダンスを披露しました。開会式のダンサーはマスクをつけていましたが、こちらは外していました。

 開会式よりも時間が長く、動作も激しいので外すのは仕方がないのかなと思いながらその様子を見つめました。


経済部作成のオリジナルマスク

経済部作成のオリジナルマスク

 経済部(日本の経済産業省に相当)もブースを出していて、オンラインゲームに関する必要な知識をつけてもらうために作成したゲーム、アンケート調査を行いました。上の写真のマスクは、アンケートに回答した後でもらえるもので、開会式では来賓として訪れ、あいさつを行った経済部工業局の陳佩利副局長もつけていたものです。

 今の台湾では、サージカルマスクも多様化しており、オリジナルデザインのものも多く見かけるようになり、他のブースでも来場者に配られているのを見かけました。


 今回は午前9時~午後5時と通常より1時間早く開催され、記者室も午後5時30分まで開放、となりました。また、開催時間中は場内の照明を落とし、終了時刻の午後5時になると、明るくしていましたが、比較的早い時間に来場者がはけているように見えました。

 次回は8月7~9日。小規模のサマーゲームショーを台北市内で開催予定ですが、どのような状況になっているでしょうか。


レポーター「小川 聖市」の最近の記事

「台湾」の他の記事

  • 151 ビュー
  • 0 コメント

0 - Comments

Add your comments

サイト内検索

Name(required)

Mail(will not be published)

Website

Archives