アメリカ

アメリカ:サンフランシスコ

サンチェス恵梨香(サンチェスエリカ)

職業…フリーランス、
居住都市…サンフランシスコ市、アメリカ

前の月へ

2022.8

次の月へ
S M T W T F S
 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    

堀江謙一さんのヨット

堀江謙一さんのヨット

 先月(日本時間の3月27日未明)、″太平洋ひとりぼっち″で有名な堀江謙一さんがサンフランシスコ湾の北側にあるティブロンという町の港からヨットで出発しました。

 今回は約10週間をかけて、サンフランシスコから日本の兵庫県まで単独で太平洋をヨットで横断する挑戦です。

 堀江謙一さんは83歳ですが、成功すれば世界初の最年長の記録を作ります。
60年前に日本からサンフランシスコに単独で太平洋をヨットで横断した過去もあります。

 今回はその逆方向に挑戦です。


とてもコンパクトな小さなヨットです。

とてもコンパクトな小さなヨットです。

この度、私は縁があり、見送りに参加させてもらうことができました。

 私が見送りに訪れた際に、あと数十分後に出発するであろう堀江謙一さんのヨットを拝見しましたが、予想よりもとても小型で驚きました。こんな小さなヨットに10週間も篭もり、更には広い太平洋をこの小さなヨットが渡るのだなと!

 その後、多くの報道陣に囲まれる中で堀江謙一さんはスピーチをし、ヨットに向かう際に私も握手をさせていただきました。

 堀江謙一さんは小柄でしっかりとした凛とした趣でとても素敵な人でした。
天候にも見舞われ、晴天の中、堀江謙一さんは皆さんに見送られながら出港してきいきました。


堀江謙一さん

堀江謙一さん

 実はヨットにはエンジンはないので、風が吹くゴールデンゲートブリッジまでは他のボートに引っ張られていかなくてはいけません。
ゴールデンゲージブリッジの下からはもう単独で風の力だけを利用し日本を目指します。

 83歳の堀江謙一さんに実際にお会いして勇気をもらえました。握手をしてもらった手からは芯の強さ、勇敢さを感じました。

 堀江謙一さんが今太平洋のどの位置にいるか、私たちもネットで確認することができます。

 ぜひぜひ気になる方は確認してみてください。こちらのサイトから現在の位置が確認できます。

https://www.furuno.com/special/jp/horie-challenge/


 年齢など関係なくいつまでも挑戦をしてもいいんだよ!とそんなメッセージを堀江謙一さんの冒険心から勇気と感動を頂いた気がします。




レポーター「サンチェス恵梨香」の最近の記事

「アメリカ」の他の記事

  • 148 ビュー
  • 0 コメント

0 - Comments

Add your comments

サイト内検索

Name(required)

Mail(will not be published)

Website