メキシコ

メキシコ:グアダラハラ

龍崎 節子(りゅうざき せつこ)

職業…民芸品輸出、撮影コーディネート、通訳翻訳
居住都市…グアダラハラ(メキシコ・ハリスコ州)

前の月へ

2022.9

次の月へ
S M T W T F S
    1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

 世界情勢やパンデミックなどの影響で、世界中の物価が上がっています。
 メキシコも例外ではなく、食料品や生活必需品の値段がぐんぐん上がっています。それなのに収入は上がらず、どこでどう切り詰めていくかで悩ましい毎日です。4~5年前と比べると、食品などは2割以上値段が上がっている肌感です。
 
 家族にお腹をすかせるわけにはいかない、育ち盛りの子供達や家族にぼろぼろの服や靴を履かせるわけにはいかない。さあ、どうしましょう。


市場は新鮮さが違います

市場は新鮮さが違います

 食料品の買い物は一度の支払いで便利なスーパーマーケットよりも、市営市場や毎週近所にやってくる露天市(ティアンギス)で買いましょう。生鮮食品などはこれら個人経営の小さな店舗の方が新鮮で、値段も割安なことが多いのです。

 お肉なども、鶏肉に至ってはその場で締めていることもあります。新鮮この上ない状態で、丸鶏から各部位、臓物各種も手に入ります。


その場で用途にあった切り方をしてくれます

その場で用途にあった切り方をしてくれます

 スーパーマーケットの特売の方が安い時もありますが、新鮮さと用途に合うように切ってくれるなどのサービスを加味すれば、やはり市場や個人経営のお肉屋さんを選びたくなります。




レポーター「龍崎 節子」の最近の記事

「メキシコ」の他の記事

  • 155 ビュー
  • 0 コメント

0 - Comments

Add your comments

サイト内検索

Name(required)

Mail(will not be published)

Website

Archives