台湾

台湾:台北

小川 聖市(オガワ セイイチ)

職業…日本語教師、ライター

居住都市…台北市近郊の新北市(台湾)

前の月へ

2024.5

次の月へ
S M T W T F S
   1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

開催前日の準備中の様子

開催前日の準備中の様子

 旧正月の連休明けの1月31日~2月5日にかけて、台北国際ブックフェアが開催されました。昨年6月も開催されましたが、規模は縮小、海外のゲストも多くはオンラインでの参加と、まるで「過去の感覚を取り戻す」という感じでした。
 
 今年は4年ぶりに冬休みの時期に戻り、規模も4年前に近づいた状態での開催となりました。

 今回はその様子を紹介していきます。


平野啓一郎さん

平野啓一郎さん

 今年の台北国際ブックフェアで最大の収穫は、海外からのゲストが会場を訪れたことです。日本関係だと、初日にサイン会とトークショーを行った平野啓一郎さんが目をひきました。平野さんは、著書「私とは何か 『個人』から『分人』へ」に関する話から、日本における「自己責任論」、三島由紀夫の著書に関する洞察など、幅広く話を進めていきました。

 平野さんはゲストとして会場入りしていますが、今年は外国人を対象に「お帰りなさい、そしていらっしゃいませ!」ということで、パスポートか居留証を提示すれば無料で入場できました。


台湾でも大人気の「S L U M   D U N K」

台湾でも大人気の「S L U M D U N K」

 台湾で1月13日に上映が始まった映画「S L U M D U N K 」。

 日本でも大ヒットしたバスケットボール漫画ですが、映画上映を記念して、台湾オリジナルの外箱、表紙、ポスターをつけたセットを販売していました。ちなみに、上の写真で全24巻、8500元(約37684円、送料込)です。

 *このセットは、1月27~31日に開催された台北アニメ・マンガフェスティバルでも販売されていました。


ボードゲームのコーナーより

ボードゲームのコーナーより

 今回の台北国際ブックフェアは、2月2~5日に南港展覧館で開催された台北国際ゲームショーと提携し、ゲームショーの前売り券のチケットには、ブックフェアの1日分の入場券がセットになったものが280元(約1241円)*で販売されました。

*【参考】
・ゲームショーの当日券:250元(約1108円)、前売り券:200元(約887円)

・台北国際ブックフェアのチケット:100元(約443円)
*悠遊カードなど、交通系ICカードが必要

 両者の提携の背景にあるのは、どちらのイベントもボードゲームを扱っている、という共通点で、これを最大限生かしていたところもありましたが、そちらは次回以降紹介します。


メインテーマのポーランド館前

メインテーマのポーランド館前

 今年のメインテーマ館は「ポーランド」。

 ポーランド館では、書籍や挿絵の展示、作家のトークショー、試食などで、自国の文化を伝える役割を担っていましたが、このイベントではもっと重要な役割を担っていました。

 その様子は、次回以降ということで。


レポーター「小川 聖市」の最近の記事

「台湾」の他の記事

0 - Comments

Add your comments

サイト内検索

Name(required)

Mail(will not be published)

Website

Archives