台湾

台湾:台北

小川 聖市(オガワ セイイチ)

職業…日本語教師、ライター

居住都市…台北市近郊の新北市(台湾)

前の月へ

2024.4

次の月へ
S M T W T F S
 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30     

數位發展部・數位産業署のブース

數位發展部・數位産業署のブース

 今年も台北国際ゲームショウが1月25~28日に行われましたが、4日間でのべ36万人(主催者発表)の来場者でにぎわいました。

 会場の中には、昨夏のサマーゲームショーで見かけた數位發展部・數位産業署のブースもありました。

【参考】
http://www.ima-earth.com/contents/entry.php?id=2023821750

 昨夏は会場の関係で小規模でしたが、今回は会場も広くなり、さらに踏み込んだ内容になっていました。日本の方も、もしかしたら該当する方がいるかもしれませんので、以前同様、紹介します。


2022年の詐欺事件発生件数と被害総額

2022年の詐欺事件発生件数と被害総額

 まず、入口に2022年の詐欺事件発生件数と被害総額の統計を表示する立て看板が設けられていました。

 これによると、発生件数29509件、被害総額69億6000万元超(約333億5331万857円超)で、1位がネットオークション詐欺、2位が投資詐欺、3位が分割払いの解除詐欺、だそうです。

 この手の詐欺に引っかからないようにするには、具体的な事例を知ることが第一ですが、どのようなものでしょうか。これをスタンプラリー形式で見ていくのがこのブースです。


Q & A形式

Q & A形式

 質問:最近とても忙しいあなた。ついにマッサージ機購入を決め、決済したものの、突如電話が鳴り、「担当者の操作ミスで分割払いに設定されてしまった。銀行のATMかネットバンキングで解除設定をしてもらえないか」と言われたら?

 赤:ATMを操作し、527をダイヤル
 青:銀行の公式サービスの111をダイヤル

 答えは青です。


3枚目の写真の近くにあったボード

3枚目の写真の近くにあったボード

 #の記号の後には上から順に、

 「あなたを〇〇というプラットフォームにあげたい」
 「決済できないので、下のURLをクリックして処理してほしい」
 「著名なSNSサービスの加入を勧めてくるのは、どれも本物のカスタマーサービスじゃない」

 という詐欺の常套句が並び、「著名なネット販売業者はどこも自分たちのカスタマーサービスがあり、販売者と連絡がとれるようになっているので、だまされないように”という言葉で締めくくられています。

 フォローも抜かりなく、といった感じです。


男性には結構ありがちな事例

男性には結構ありがちな事例

 質問:情緒不安定な君、ショートムービーをチェックしたら、一人のかわいらしい女性のキャスター(~erと呼ばれる人たち)が目に留まり、ソフトのIDを残したまま彼女と歓談。彼女から、家庭の事情で一定の額のお金が必要で、必ずすぐに返すから、と借金の相談。君はどちらを選ぶ?

 青:借金の相談は受けない
 赤:彼女はオレの好みのタイプなんだよね

 ……みなさんの答えはいかがでしょうか。

 答えは、次回以降にて


レポーター「小川 聖市」の最近の記事

「台湾」の他の記事

  • 302 ビュー
  • 0 コメント

0 - Comments

Add your comments

サイト内検索

Name(required)

Mail(will not be published)

Website

Archives