台湾

台湾:台北

小川 聖市(オガワ セイイチ)

職業…日本語教師、ライター

居住都市…台北市近郊の新北市(台湾)

前の月へ

2024.6

次の月へ
S M T W T F S
      1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30       

検査の様子

検査の様子

 台湾ランタンフェイスティバルは、一般参加者のランタンの入賞作品も並べられていましたが、その一つ一つに個性が出ていて、面白いものがあります。

 今回は、2020年から人々を悩ませる新型コロナウイルスを題材にしたランタンを紹介します。

 まずは1枚目。「1年前にこのような感じの検査を受けたなぁ…」と、しみじみ思い出しました。

【参考】
http://www.ima-earth.com/contents/entry.php?id=20224603825


テストプレートを壊す虎

テストプレートを壊す虎

 昨年の干支の虎をランタンにしたところは他にもありますが、その中でも、私はこちらが印象に残っています。

 虎の神様が、抗原検査のテストプレートを噛んで真っ二つにし、新型コロナウイルスを掴んで追い払うという設定だそうですが、できれば陽性が出た時に、この神様のご加護を受けたかったと思いました。

【参考】
http://www.ima-earth.com/contents/entry.php?id=2022112201741


台湾黒熊とウサギの奇跡のコラボ

台湾黒熊とウサギの奇跡のコラボ

 今年の干支のうさぎと台湾黒熊のコラボで、「ワクチン接種を促進し、感染拡大を抑えよう」という設定です。注射器とウイルスが妙にリアルで、過去の接種を思い出しました。


防疫ミニオンズ

防疫ミニオンズ

 ミニオンズをランタンに使い、「防疫ミニオンズ」を結成していました。3枚目同様、注射器とウイルスが妙にリアルなのがいいです。


台北101とうさぎとマスク

台北101とうさぎとマスク

 こちらは「防疫を徹底し台湾を護る」というのが創作理念の作品です。

 うさぎがマスク姿ですが、マスク着用に関する規制が少しずつ緩和されている中、今後どうなるでしょうか。

 ちなみに、マスク着用に関する規制が緩和されていますが、これまで同様マスクを着用している人が多い印象です。私もそのうちの一人ですが、ウイルスの流行が収まったと言える状況ではないのと、自分の体をもって経験したこともあるので、しばらくは周囲の反応を見ながら判断するつもりです。

 X B B 1. 5の動向が気になりますが、今年1年どのようになるでしょうか。ランタンに託した人々の祈りがどうか届きますように。


レポーター「小川 聖市」の最近の記事

「台湾」の他の記事

  • 779 ビュー
  • 0 コメント

0 - Comments

Add your comments

サイト内検索

Name(required)

Mail(will not be published)

Website

Archives