台湾

台湾:台北

小川 聖市(オガワ セイイチ)

職業…日本語教師、ライター

居住都市…台北市近郊の新北市(台湾)

前の月へ

2024.6

次の月へ
S M T W T F S
      1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30       

開始前に新事務所に集まる人たち

開始前に新事務所に集まる人たち

 昨年、新北市市議会議員に当選した山田摩衣議員の様子は、何度か紹介してきました。その山田議員が「新しい事務所を(旧事務所の)近くに設ける」ということで、3月26日午前に事務所開きを行いました。

 私は開始10分前に到着しましたが、すでに多くの人たちが集まり、上の写真のようになっていました。


津軽三味線奏者の倪瑞興さん(左から2人目)らと共に東京音頭を披露

津軽三味線奏者の倪瑞興さん(左から2人目)らと共に東京音頭を披露

 事務所開きには飲食品が用意されていることもあり、人によってはそれだけを目当てに来る人もいるようですが、そういう人の目を可能な限りひきつけようと、事務所の人たちも工夫していました。

 その一つが、津軽三味線奏者の倪瑞興さんによる生演奏。

 倪さんは3曲ほど演奏しましたが、その中には東京音頭があり、訪れた来賓(上の写真では、左端の羅致政立法委員と右端の李坤城前新北市議会議員)と共に踊って盛り上がりました。

【参考】
・倪瑞興さんのfacebook
https://www.facebook.com/takeyoshi.rayhsin


張宏陸立法委員も訪問

張宏陸立法委員も訪問

 羅致政立法委員と入れ替わるように張宏陸立法委員も訪れ、あいさつを行いました。

 ちなみに、二人は同じ新北市板橋区の選挙区選出の立法委員。羅立法委員は第7選挙区、張立法委員は第6選挙区です。また、李坤城前市議会議員は、昨年の市議会議員選挙の立候補せず、立法委員選挙の新北市第3選挙区の民進党内の候補者選考に登録しています。

 来年1月13日に総統・副総統選挙と同時に行われる立法委員選挙も行われますが、そこを見据えた動きもはっきりと見える光景でした。


集まった人たちにあいさつを行う山田摩衣市議会議員

集まった人たちにあいさつを行う山田摩衣市議会議員

 最後に、山田摩衣議員があいさつを行い、事務所開きを締めくくりました。

 この場での山田議員のあいさつは、選挙活動中とは違い、台湾語の比率を下げ、私でもわかる範囲が多い言葉を使っていました。

 新しい事務所を開いたのを受け、「市民向けのサービスを強化する」ということで、予約制の無料法律相談、確定申告期には必要な無料税務相談も始めることになったと、この場で話しました。

 以前の事務所は新しい事務所から徒歩5分圏内にありましたが、2階にあり、階段を登らないといけないだけでなく、呼び鈴を押して入口の扉を開けてもらわないといけないようなようなところにあったため、訪問がためらわれる雰囲気のところにありました。今回は角地の1階ということで、人々が利用しやすいところに移り、市民向けのサービスだけでなく、自身の足場をしっかり固めるために踏み出したように見えました。


茨城県笠間市のPRも兼ねています

茨城県笠間市のPRも兼ねています

 今回の事務所開きは、単に新しい事務所をお披露目するだけでなく、茨城県笠間市の観光PRの場として、ポスターを貼り、資料も置きました。

 この辺りは、日本にルーツを持つ山田議員の個性が発揮されているように見え、今後山田議員が市議会議員の立場で日本の地方自治体と新北市の交流の窓口的な役割を今後担っていきそうな気配も感じさせました。

 山田議員の今後の発展に注目したいと思わせた、事務所開きでした。


レポーター「小川 聖市」の最近の記事

「台湾」の他の記事

  • 670 ビュー
  • 0 コメント

0 - Comments

Add your comments

サイト内検索

Name(required)

Mail(will not be published)

Website

Archives