オランダ

オランダ:アムステルダム

フリードリヒス カオル

職業…フリーライター

居住都市…アムステルダム市(オランダ)

前の月へ

2024.7

次の月へ
S M T W T F S
 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    

スペインとフランスの国境にあります。

スペインとフランスの国境にあります。

 スペインのバルセロナ市から車で3~4時間の場所にあるアンドラ公国は、フランスとスペインの国境を貫くピレネー山脈の中間に位置し、人口約8万5000人の小国です。どこにあるのか地図で調べてみると、えっ?と思うほどの小ささで、実に面積が468平方キロメートルしかありません。しかしながら、魅力がぎっしりと詰まったこの小国に魅せられ、ここを目的地として、1年に何回も訪れる人は後を絶ちません。


 背景に美しい山岳を抱く景観もさることながら、アンドラの国名を世界中に知らしめているのは、輸入品の免税、つまりタックス・ヘイヴンではないでしょうか。つまり、フランスやイタリアなどのブランド物や日本製の正規電化製品などが、免税額で購入出来るのです。


欧州らしい雰囲気のショッピング・モールでお得な買い物ができる。

欧州らしい雰囲気のショッピング・モールでお得な買い物ができる。

 免税といっても、思ったより安く買えなかった経験をお持ちの方もいらっしゃるでしょう。しかし、アンドラの場合は、買い物客の期待を絶対に裏切らないことをウリにしているそうです。正規代理店でありながら、買いたい品物が魅力的な値段(正規値段の3割、4割引き)で手に入るとなれば、この国のみを目指してやって来るリピーターが多いことも、簡単にうなずけるかもしれません。


小国なので周遊も一日で行える。

小国なので周遊も一日で行える。

 しかし、アンドラの魅力は免税のみに限りません。絵葉書の写真をそのまま眺めているように美しい、マドリウ・ペラフィタ・クラロ渓谷は、世界遺産にも登録されていますが、ここでは春から夏にかけてウォーキングが楽しめ、冬はスキーが、思う存分堪能できます。主都・アンドラ・ラ・ベラには、『カルデア』と呼ばれる大規模なスパもあり、買い物をして、少々くたびれた後のリラックス用設備も完備されています。


 スペイン旅行で、バルセロナにいらっしゃった際には、1日をこのアンドラでお過ごしになってみてはいかがでしょうか。早朝に旅行用(大型)バスに乗り、片道3時間弱で、ショッピング天国のこの国へ入国できますし、著名ブランドの多くも、アンドラ限定モデルを販売しているといわれています。この地を訪れた記念として購入するのもまた、良い旅の思い出を増やすことになること間違いなしでしょう。


レポーター「フリードリヒス カオル」の最近の記事

「オランダ」の他の記事

  • 79 ビュー
  • 0 コメント

0 - Comments

Add your comments

サイト内検索

Name(required)

Mail(will not be published)

Website

Archives