オランダ

オランダ:アムステルダム

フリードリヒス カオル

職業…フリーライター

居住都市…アムステルダム市(オランダ)

前の月へ

2024.6

次の月へ
S M T W T F S
      1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30       

 好きなものを好きなだけ食べているうちに、いつの間にかやせられるという、実に都合のいいダイエットをとことん追及する傾向にあるのは、世界一のメタボ国民第一位の座を獲得したこともある、オランダ人たちです。オランダで小さなブームになっているのは、伝統料理「ズアコール」を使ったダイエット法。ズアコールとは、キャベツの漬け物のことで、幅2ミリほどに細切りしたキャベツをナツメグなどの香辛料が入った酢の中に漬け込み、約1~3カ月ほど保存して作られます。そのまま食べても、また、ソースで煮込んだ牛肉やソーセージなどのこってりした肉料理の付け合わせにしてもおいしい保存食です。


ダイエットに効く?ズアコール。

ダイエットに効く?ズアコール。

 このオランダ式?漬け物ですが、箸休めとして料理に爽快さを加えるだけではありません。酢には、脂肪分や糖分が体内に吸収されるのを未然に防ぐ効力があるといわれています。そのため、こってりした食事の合間に、このキャベツの酢漬けをちょくちょく摂取すれば、太る素である脂肪も糖も吸収されずにすみ、結果として楽に痩せられるだろう…なる大胆な予想に端を発したダイエット法なのだそうです。


じゃがいもと混ぜ、肉料理と共に食べる。

じゃがいもと混ぜ、肉料理と共に食べる。

 この「ダッチ(オランダ)式」ダイエット法は、既にアメリカにも伝わっており、若手女優たちがトライしているとか、していないとか。SNS上でも、地球の片隅にある小国・オランダのズアコールが話題になった時期もあったようです。その成果は果たして、世界をも制覇できるのでしょうか?オランダのダイエット好きに聞いてみたところ、効果アリ、言う人もいるそうで、何とも気になるダイエット法ではありますが…。


甘いものが目の前にあるとつい…手が伸びてしまいます…

甘いものが目の前にあるとつい…手が伸びてしまいます…

 ちなみに、オランダ人の肥満の最たる原因とされるのが「エモ・イーティング(エモーショナル・イーティング)症候群」だそうです。このエモ・イーティング、空腹でもないのに、ひたすら「ながら食べ」してしまい、満腹感を得ることで、ストレスを回避したり、幸福感を味わったり…できるような気になってしまうのです。さらに、世界一、平均身長が高い国民という統計もあるオランダ人男性(平均身長185センチ)ですが、その大きな体躯を維持するために、毎食、好きなものだけ偏って食べる傾向にあります。仕事で忙しい場合は当然、外食のハシゴとなることも多く、オイルや塩分摂取過多になる傾向も致し方ないのかもしれません。


 肥満人口率世界一という、有り難くないランクの最高峰に上り詰めたこともあるオランダですが、気軽に食べられるズアコール・ダイエットを取り入れ、日夜、メタボ対策に真剣に取り組めば、効果的に痩せることができるかもしれません。ただし、「やせるよりも何よりも、持続させること自体が難しい」と嘆く人が多いのが、少々気になりますが…。


レポーター「フリードリヒス カオル」の最近の記事

「オランダ」の他の記事

0 - Comments

Add your comments

サイト内検索

Name(required)

Mail(will not be published)

Website

Archives