フリードリヒス カオル

 セルビア共和国は、ヨーロッパの南西に位置するバルカン半島にあります。他のバルカン諸国が独立していく中で、セルビアはモンテネグロ共和国と合わせてユーゴスラビア連邦共和国と呼ばれていたこともあります。しかし、2006年にモンテネグロが独立し、ここで初めてセルビア共和国が誕生することとなり、現在に至って ..

  • 1 ビュー
  • 0 コメント
小川 聖市

 外野席の入口から少し歩いたら、内野席の入り口につながる階段をもう一つ見つけました。ここからも記念グッズ売り場などがあるところに移動できるのですが…… ..

  • 14 ビュー
  • 0 コメント
フリードリヒス カオル

 オランダには、「この番組が始まると、国中が静まりかえる」といわれる人気番組があります。2004年の放送開始以来、40%もの高視聴率記録をシーズンごとに塗り替えているその番組名は「農家の嫁探し(BOER ZOEKT VROUW)」。日本と同様異性との出会いの少なさに悩む農家の人たちと、結婚相手を探し ..

  • 30 ビュー
  • 0 コメント
小川 聖市

 2日目は、前日よりも1時間以上早く来て、先に周辺を散策しました。  台北ドームの最寄駅はMRT「國父紀念館」駅で、施設から駅の入口に直結していて、利便性がものすごく高いのが魅力です。ただ、最大4万人以上入る施設で、野球をはじめそれ以外のイベントで満員になった場合、駅に人が集中することが予想さ ..

  • 24 ビュー
  • 0 コメント
小川 聖市

 自分の座席を目指して上の階に上がりましたが、その時使用した階段が上の写真です。利用し、見ている限り、「移動用」というよりは「緊急時の避難用」で設けられている感じでしたが、階段の蹴上の部分は低くなっているものの、踏面が狭く感じられ、27.5センチの靴を履いている自分の足を目一杯乗せるとかかとが少しは ..

  • 38 ビュー
  • 0 コメント
フリードリヒス カオル

 恋から失恋に至る間に、人はたくさんの思い出を作ります。そんなビター・スイート(辛いが、甘美な)思い出がたくさん詰まった、恋のなきがらともいうべき失恋関連アイテムばかりを集めて展示した博物館が、東欧クロアチアのザグレブにあります。 ..

  • 44 ビュー
  • 0 コメント
小川 聖市

 昨年12月から台北ドームが開業しました。  本来なら2017年に台北で開催されたユニバーシアードに合わせて開業する予定でしたが、建設工事中に避難経路の確保の問題などが出てきたことで、工事が長期間中断したことが開業の大幅な遅れにつながりました。  昨年11月の台北市の使用認可が下り、昨年12 ..

  • 43 ビュー
  • 0 コメント
フリードリヒス カオル

 オランダでは毎年4月〜5月、小学校8年生(日本の6年生に相当)を対象とした「中学入試センター試験」が実施されます。これはCito(シト)と呼ばれる文部省認定全国共通テストのことで、日本でいうところの大学センター試験とほぼ同じコンセプトで実施されるものです。 ..

  • 45 ビュー
  • 0 コメント
フリードリヒス カオル

 オランダはかつて、インドネシアを統治していた時代があり(16世紀〜20世紀初頭)、エキゾチックな料理も数多く本国にもたらされた歴史を持ちます。そのため、こうしたアジア・スタイルの料理は、オランダ人にとってなじみ深い味を提供しているといえます。 ..

  • 41 ビュー
  • 0 コメント
フリードリヒス カオル

 小麦粉に牛乳と卵を加え大き目のフライパンで焼く「Pannenkoek」(パネンクーク)は、オランダのコンフォート・フードの代表格です。このパネクークには、シロップや砂糖のみならずベーコンや炒り卵、炒めた野菜なども乗せて食べるため、ランチや夕食としても大活躍。このパネクークを、ボートに乗ってクルーズ ..

  • 57 ビュー
  • 0 コメント