アメリカ

アメリカ:リースビル

カレン・ヘンドリクソン

職業…高校の日本語教師
居住都市…ウィスコンシン州のリースビル村

前の月へ

2019.10

次の月へ
S M T W T F S
  1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31   

聖火リレーに参加した選手

聖火リレーに参加した選手

世界中の人がサッカーに夢中ですが、母が見に行ったバンクーバーパラリンピックについてちょっと書いてみようと思っています。

母は何回か感動して泣いていましたが、その一回は聖火リレーの時でした。
上の写真では、母が選手にすぐ近くに立っています。
「聖火を待っている選手の笑顔は一生忘れられない」と彼女が話してくれました。


開会式で

開会式で

聖火リレーの次の日にパラリンピックの開会式がありました。
オリンピックと同じように、6万席すべてが満員で、スピーチやコンサートなどありました。

もちろん、オリンピックと違う点もありました。一つは聖火のつけ方でした。
オリンピックの時にはカナダのスノーボード選手がスタジアムに入ってきて、一人で直接聖火台に火をつけました。
しかし、パラリンピックの時には、聖火をリレーしてきた人は聖火台を囲んでいる人(全員が以前にパラオリンピックに参加した人)に聖火をパスしました。
その聖火は次々と隣の人にパスされました。
最後に、将来パラリンピックのアルパインスキーに参加したいという15歳の男の子が聖火台に火ををつけました。


カーリングでは「ストーン」をすべらせて目標の円の真ん中に入れようとします。
車椅子カーリングをする人は手で投げるかわりに、椅子の前におかれたストーンを棒で押して滑らせます。


スレッジホッケー選手はそりみたいなものに座って短いホッケースティックを使います。母の話によると、選手がよく転びますが起きるのはびっくりするほど早いそうです。


車椅子でハーフパイプするのは本当にすごいですね!


レポーター「カレン・ヘンドリクソン」の最近の記事

「アメリカ」の他の記事

1 - Comments

chiakiより:

2011 年 01 月 22 日 23:21:10

覚えてますか??

Add your comments

サイト内検索

Name(required)

Mail(will not be published)

Website