イタリア

イタリア:ローマ

菅谷 桂子(すがや けいこ)

職業…主婦
居住都市…ローマ(イタリア)

前の月へ

2020.3

次の月へ
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     

フランチェスコ教皇の一般謁見前、教皇移動車で広場内巡回

フランチェスコ教皇の一般謁見前、教皇移動車で広場内巡回

毎週水曜日の午前10時半より、サンピエトロ寺院前の広場でローマ教皇の一般謁見が行なわれます。


右手に招待状、左手に学校の旗を持ち、謁見を待つ姪っ子

右手に招待状、左手に学校の旗を持ち、謁見を待つ姪っ子

広場の中央に枠で仕切られた部分に椅子が設置されている席に着くには、事前に教皇公邸管理部に申込み発行される無料の招待券が必要です。8時前ごろより入場し、先着順で席に着きます。一方、広場の中央の枠外は、検査を通り招待状なくても広場に入り、立ち見で一般謁見に参加できます。幸運にも木枠の近くで立つことができれば、一般謁見直前の10時過ぎに教皇移動車で広場内を巡回する時に、近くで教皇を見る事ができます。


教皇移動車で広場巡回中、乳児にキスする教皇

教皇移動車で広場巡回中、乳児にキスする教皇

4月24日新教皇5回目の一般謁見に参加しました。今回、6歳の姪っ子の通うカトリック学校が招待状を頂き、運良く家族として同行。8時に広場に着き、学校の名前と守護聖人の写真入り巨大横断幕を抱えたシスター達が走り前方に席を確保し、それはまるでディズニーランド開園時に入場者がアトラクションに向かう光景のようでした。新教皇のお馴染みになった、謁見前の移動車で乳児を見ると止まりキスする姿を目の前にし、とても感動しました。
謁見の説教で福音書の説話を引用し、広場にいる沢山の学生や若者達に、「現代直面する危機の時代においても、自ら持つ才能を信じ他人に対して心も向け、理想にかけ夢見ることを恐れてはいけない」というメッセージが印象に残りました。


一般謁見中の様子。広場内にはスイスの衛兵さんも待機。

一般謁見中の様子。広場内にはスイスの衛兵さんも待機。

実は1週間前にも、次男が通うローマ市内のカトリック学校中学部180名の招待状を頂き、次男も一般謁見に参加。
新教皇になり、ローマ市内を初め国内の学校で招待状が入手しやすくなり、世界各国より毎週沢山の学生がこの一般謁見にさらに集まるようになりました。
私の二人の息子は小・中学と同じ修道会のカトリック学校に通いましたが、6年前長男がパウロ6世講堂の室内での前教皇の一般謁見に参加。校内では1クラス25名だけで、私も役員として同行しましたが、当時招待状は入手しにくいという話でした。


バチカン市国近くの屋台で1枚10ユーロの”I love教皇”シャツ

バチカン市国近くの屋台で1枚10ユーロの”I love教皇”シャツ

ここでもオープンな新教皇の意向が伺え、早くも着実に若者のハートも掴んでいます。

一般謁見申込みについて、教皇公邸管理部の公式サイト(英語):
http://www.vatican.va/various/prefettura/en/biglietti_en.html


レポーター「菅谷 桂子」の最近の記事

「イタリア」の他の記事

0 - Comments

Add your comments

サイト内検索

Name(required)

Mail(will not be published)

Website