フランス

フランス:ボルドー

針谷綾子(ハリガイアヤコ)

職業…シャトーでのワイン販売/ぶどう畑(シーズン時)
居住都市…ボルドー(フランス)
→こちらで記事をかきはじめた頃はニュージーランド南島のブレナムに滞在していました。2012年の夏から夫の仕事の関係でフランスのボルドー地方のマルゴーに住み始めました。現在滞在5年目です。ボルドーレッドで有名なワインの町です。ボルドーは小さなパリと呼ばれており、観光地としても人気があります。

前の月へ

2017.10

次の月へ
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     

休憩中にかかせないウォーターガン!

休憩中にかかせないウォーターガン!

ブドウ畑で働く人にとって夏の暑さは厳しい!いかに暑さをしのぐかは大きなポイントなんです。
夏は季節労働者も雇い多くの人たちが勤務します。でも陰のないブドウ畑では太陽がギンギン照りつけ暑い暑い...そこで登場するのが、ブドウ畑の定番品である『ウォーターガン(水鉄砲)』!私たちが勤務するこのブドウ畑では近年これが重宝されているのです。


気温差が激しいボルドー、早朝はみんな着込んでいます

気温差が激しいボルドー、早朝はみんな着込んでいます

夏の間は熱中症などを防ぐため、日の出前からの勤務になります。1番暑くなる14時までに勤務を終えます。こまめな休憩も多くとらせてくれます。そんな時、水分をとるのはもちろんですがお互いに水を掛け合い少しでも体を冷やします。ウォーターガンに冷水を入れてきたり、近くの川の水を汲んだり、たまにトラクターの巨大な給水タンクで水を分けてくれてたり(笑)


暑いから文句をいってムードをさげることはせず、少しでもこの体に辛いときに楽しく乗り切ろうという思いがあるフランス人。楽しみながらみんなで涼をとりながら、熱中症を防ぐ。なんだかこんなところにフランス人の一面を垣間見た気がします!


日本に負けないくらい、暑さが厳しくなることもあるボルドー。まさに熱中症対策は年々重要視されています。いずれにしろ、この私たちの勤務するぶどう畑の対策グッズには、ちょっとビックリでしょ?



レポーター「針谷綾子」の最近の記事

「フランス」の他の記事

  • 425 ビュー
  • 1 コメント

1 - Comments

道下より:

2015 年 08 月 10 日 18:52:38

面白い!日本人はなかなか「楽しみながら涼を取る」ことができない性分ですよね。

Add your comments

サイト内検索

Name(required)

Mail(will not be published)

Website