ブラジル

ブラジル:サンパウロ

大浦 智子(おおうら ともこ)

職業…フリーランス
居住都市…ブラジル国サンパウロ市

前の月へ

2017.8

次の月へ
S M T W T F S
  1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31   

サンパウロの東洋人街の大晦日に店頭で特売されるお餅

サンパウロの東洋人街の大晦日に店頭で特売されるお餅

 ブラジルの新年は夏。ブラジルの習慣にならって、涼しげな白い衣服を来て、スイカの並んだテーブルでお餅やお雑煮をほうばる日本人、日系人家庭があるのもまぎれもなくブラジルの一面です。

 世界最大の日系社会のあるブラジル・サンパウロでは、日本にルーツがある人々の暮らすところ、今も日本の文化が大なり小なり見え隠れします。

 大晦日のサンパウロ市の東洋人街では、市のイベントとなっている餅つき大会ほか、あちらこちらの日本食品販売店でブラジル産や輸入品のお餅が販売されているのが風物誌です。


サンパウロ市内の日系団体でお餅つきをするブラジルの子どもたち

サンパウロ市内の日系団体でお餅つきをするブラジルの子どもたち

 イベントとなっている東洋人街の餅つき大会以外にも、サンパウロ市内の日系団体各所やブラジルの田舎に暮らすご年配のいる日本人、日系人家庭では、今も家族ぐるみで年末に餅つきをしていることもあります。

 大家族で伝統的な日本文化を伝えていく行事が日本でも都会では減りつつあるように思う中、サンパウロでは日系社会があるおかげで身近に年末恒例のお餅つきがアットホームな雰囲気で体験し続けられるのは、現地で暮らす日本人にはありがたいことです。


サンパウロ市内の日系団体でついた餅を丸める日本人や日系二世の女性たち

サンパウロ市内の日系団体でついた餅を丸める日本人や日系二世の女性たち

 日系団体のお餅つきには、日本から移民されて半世紀以上という方や両親から受け継いだ伝統が懐かしい日系二世の方、そのお孫さんなどが出入りする事もありますが、圧倒的にご年配の方が多いのが現状です。家族やお友達で誘われて餅つきを体験する日系人以外のブラジル人も見かけることはありますが少数です。


サンパウロ市内の日系団体でつきたてのお餅を食べる人々

サンパウロ市内の日系団体でつきたてのお餅を食べる人々


新年、サンパウロの日本人家庭ではお雑煮が食卓を飾ることも珍しくない

新年、サンパウロの日本人家庭ではお雑煮が食卓を飾ることも珍しくない


レポーター「大浦 智子」の最近の記事

「ブラジル」の他の記事

0 - Comments

Add your comments

サイト内検索

Name(required)

Mail(will not be published)

Website

Archives