フランス

フランス:パリ

別紙 敦子(べっし あつこ)

氏名=別紙敦子
職業=観光業
居住都市=パリ(フランス)とバルセロナ(スペイン)年間1:2の割合で、行き来しています。

前の月へ

2017.12

次の月へ
S M T W T F S
     1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       

おばあちゃんが作ったカレンダー

おばあちゃんが作ったカレンダー

 クリスマスを何か特別で、より待ち遠しい気持ちにさせてくれるアイテムがあります。それは、12月1日になると、一家に一つ飾る「クリスマスカレンダー」です。

 多くの家庭では、お母さんが用意する間も与えず、祖母が11月になると孫の家に持参するようです。家庭により、木製の棚式や布製のものなどさまざまです。

 グランマ(おばあちゃん)は、子どもたちの喜ぶ姿を想像しつつ、24日分に区切られた場所にメッセージやお菓子、時には、小さなおもちゃなどを入れて贈ります。

 12月になると、待ちに待った子どもたちは、毎朝 起きたら真っ先に その日のポケットの中をのぞきます。

 子どもたちが話しているのを聞いたことがありますが、クリスマスまで、学校では普段より真面目に過ごすそうです。サンタさんは12月に空から見ていて、善い行いをした子どもに望みのプレゼントを届けてくれると信じていますので、毎朝、サンタさんが来る日が近づくと再認識させられるカレンダーは、良い役目を果たしています。


 11月になると店先に現れるチョコ入りカレンダー

11月になると店先に現れるチョコ入りカレンダー

 もちろん、スーパーなどでも並び始めます。価格はほとんどが1ユーロ(約133円)で、子どもが大きくなって不必要になった私でも、つい手が伸びてしまいます。24個の扉があり、中に小さなクリスマスに関連した彫刻が施されたチョコが入っています。


子どもの人気菓子メーカーKinderのもありました

子どもの人気菓子メーカーKinderのもありました

 12月1日から、毎日一つ開いて食べてゆくと、クリスマス当日が近づくにつれてワクワクしてくるのですから、人間の心理は不思議なものです。実際 イブには何か素敵な準備でもしようかなって気持ちにさせてくれ、自然にモチベーションが上がっています。

 ぜひ、お試しあれ!





レポーター「別紙 敦子」の最近の記事

「フランス」の他の記事

0 - Comments

Add your comments

サイト内検索

Name(required)

Mail(will not be published)

Website