日本

日本:岡山県

田渕和恵(たぶちかずえ)

職業…塾講師
居住都市…岡山県新見市/フランス・トゥルーズ市/ブルキナファソ・ワガドゥグ市他

前の月へ

2018.10

次の月へ
S M T W T F S
 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    

やった!  釣れたよー! 意気揚々なおい2号

やった!  釣れたよー! 意気揚々なおい2号

 新見市千屋、高梁川の源流が流れ込むこの地域、注目の人気スポットがあります。花見養魚センター「釣り堀石田」です。

 ここで養殖されている魚のことを少し説明します。「アマゴ」と呼ばれる、体に黒斑点が並んでいる魚を養殖しています。西日本のとてもきれいな川に生息している魚だそうです。丸い水槽で元気よく泳ぐアマゴたち。大体、一年間で食べられるくらいのオトナの魚になるそうです。

 アマゴの飼育には自然環境が大きく物を言います。一年中安定した水温と湧水量を持つ水の確保が第一条件。台風が来て水がよどんでしまうだけで、アマゴの養殖に悪影響なのですから、毎日が勝負ですよね。


大切に育てられたアマゴは丸い水槽で元気よく養殖されています

大切に育てられたアマゴは丸い水槽で元気よく養殖されています

 そんな大切に養殖された釣り堀石田のアマゴ。今回、大人は裏方に回ることとし、ちびっ子おい3人(小学2年生、年長さん、2歳)に釣りを任せることにしました。15匹をゴールに、意気揚々とアマゴ釣り開始。

 仕掛けを垂らした数秒後、年長組のおい2号が「釣れた! 釣れた! 一発だ!」と感動の声。本物の海釣りはこんなに甘くないぞと、私の心の声も届くことなく、おいっ子がその後も短時間でガンガン釣り始めたのです。

 おい1号は一番大きな大将を釣ったと誇らしげ。

 おい2号は一番元気な暴れん坊を取ったと誇らしげ。

 おい3号もかわいくておいしそうな魚を取ったと誇らしげ。


調理する石田さんの息子さん、小学1年生から魚をさばく手伝いをされていたそうです。見事な魚さばきにほれぼれ

調理する石田さんの息子さん、小学1年生から魚をさばく手伝いをされていたそうです。見事な魚さばきにほれぼれ

 さらに、釣れた魚たちは見事、きれいにさばかれていきます。今回はから揚げと焼き魚で食べることに。お店のオーナーが炭火を見て、焼き加減を調整しながら、ゆっくりじっくり焼いてくれます。

 自分たちで取った魚を、その場で食べる喜びは格別。皮はパリパリ。中はホクホク。骨や頭まで全ておいしくいただくことができます。日本食高級レストランでは、食べたことのないくらいのおいしさ。ぜいたくな味わいです。

 岡山県新見市千屋といえば、高梁川上流の絶品のアマゴ! imaの読者の皆さまも、もし機会があったらぜひ訪れてくださいね。


炭火焼きは焼き加減が勝負。プロのオーナーがじっくり丁寧に焼いてくださいました

炭火焼きは焼き加減が勝負。プロのオーナーがじっくり丁寧に焼いてくださいました


頭からしっぽまでホクホクと本当においしい!

頭からしっぽまでホクホクと本当においしい!


レポーター「田渕和恵」の最近の記事

「日本」の他の記事

タグ:魚釣り

  • 1200 ビュー
  • 0 コメント

0 - Comments

Add your comments

サイト内検索

Name(required)

Mail(will not be published)

Website