台湾

台湾:台北

小川 聖市(オガワ セイイチ)

職業…日本語教師、ライター

居住都市…台北市近郊の新北市(台湾)

前の月へ

2017.11

次の月へ
S M T W T F S
   1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30   

制作された小道具

制作された小道具

 昨年まで4回紹介してきた國立台湾師範大學附属高級中學(以下、師大附中)の卒業式は、美術科のクラスの卒業生が主導で、「これでもか!」と言わんばかりに豪華な装飾を制作し、卒業を惜しむ光景が特徴的なものです。

 今年も、「不思議の国のアリス」をテーマに準備を進めていきました。こちらは、5年前の台北市立第一女子高級中學(以下、北一女)の卒業式(下記 URL参照)のテーマと同じでしたが、細かい部分の再現に力を入れたことで、その違いを明確にしたような感じになりました。

http://www.ima-earth.com/contents/entry.php?id=201264144346

http://www.ima-earth.com/contents/entry.php?id=201264181722

http://www.ima-earth.com/contents/entry.php?id=20126512926


入り口の様子

入り口の様子

 卒業式当日の6月3日、午前行われた北一女の卒業式終了後に訪問しましたが、あいにくの大雨。MRTを使って移動しましたが、駅と学校の間の移動中に雨水にさらされ、足元は豪快に濡れていました。

 私が到着した時、すでに卒業生の入場が始まっていました。過去4回と違い、レッドカーペットを通っての主役感全開の入場ではなく、雨を避けての少し寂しい入場になったので、制作された通路を卒業生たちの合間を縫って通らせていただくことにしました。


食卓も再現

食卓も再現

 その様子は2枚目の写真からですが、細かい部分まで注意を払って制作しているのは毎年ながら「さすが」の一言に尽きます。


舞台に用意されたハートの王の椅子

舞台に用意されたハートの王の椅子

 最後に到着する舞台に用意されたのは、ハートの王の椅子。再現性が高く、存在感と迫力があり、さすがに座る人はいませんでした。

 


各クラスとも入場後に記念撮影

各クラスとも入場後に記念撮影

 こちらも毎年ある光景ですが、入場後、クラスごとに記念撮影があります。中には通路で個人的な記念撮影をしていて、遅れることもありますが、みんな楽しそうな表情を浮かべていました。(つづく)


レポーター「小川 聖市」の最近の記事

「台湾」の他の記事

  • 74 ビュー
  • 0 コメント

0 - Comments

Add your comments

サイト内検索

Name(required)

Mail(will not be published)

Website

Archives