オランダ

オランダ:アムステルダム

カオル フリードリヒス

職業…フリーライター

居住都市…アムステルダム市(オランダ)

前の月へ

2018.12

次の月へ
S M T W T F S
      1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      

アクセスの速さもヨーロッパ1

アクセスの速さもヨーロッパ1

 オランダは、九州とほぼ同じ面積の小さな国です。だからこそかもしれませんが、インターネットへのアクセス度(使用可能な場所)が、ヨーロッパ諸国の中でももっとも高いそうです。隅々まですぐに接続できるインターネットの便利さは、国土面積が狭いからこそといえるのかもしれません。










列車内でのアクセスもOK(画像提供:NS)

列車内でのアクセスもOK(画像提供:NS)

 過去10年間、国のほぼ全土の住宅地において、インターネットの接続を全地域に網羅するための工事が行われてきた結果ともいえそうです。昨年末までに何と99%の住宅地でインターネットの接続が可能になっています。このインターネットですが、速度が速いのも他のヨーロッパ諸国内で群を抜いているそうです。つまり、希望するページへのアクセスがとてもスムーズということになります。


 たとえば教育の場面でも、インターネットは欠かせない存在です。授業中や、担任とのやり取りなど、PCの使用はもちろんですが、タブレットやスマートフォンを使用することも多くあります。もちろん授業中にアプリを使って遊ぶことは禁止されていますが、ちょっとした翻訳や計算などではスマホを頻繁に使います。インターネット使用人口が、ヨーロッパ諸国ではスウェ―デンと並んで1位となっているのも、当然なのかもしれません。


スマートフォンだけですべて用が足りる日も来る?

スマートフォンだけですべて用が足りる日も来る?

 昨年、オランダで最も人気があるインターネットプロバイダーの統計によると、インターネットを使用するためのツールとして多用されているのがスマートフォンであることが分かったそうです。その割合も、使用者の90%弱がスマートフォンを使ってインターネットにアクセスしているとか。逆に、タブレットは小学校の教育用に使われ、ノートパソコンはビジネス用に使用されることが多いそうです。


 ノートパソコンの機能が上がったため、これまでのパソコンは家庭内よりもオフィスで使用される頻度が高くなってきたそうです。ただし、インターネットの普及率が高いのはいいのですが、実は商業地での普及はイマイチ、という感があります。たとえば、インターネット接続ゾーンでも、非常に速度が遅かったり、思うようにアクセスできなかったり、といったことが多いのです。今後は、さらなる普及とその安定化に期待がかかってきそうです。


レポーター「カオル フリードリヒス」の最近の記事

「オランダ」の他の記事

  • 178 ビュー
  • 0 コメント

0 - Comments

Add your comments

サイト内検索

Name(required)

Mail(will not be published)

Website