台湾

台湾:台北

小川 聖市(オガワ セイイチ)

職業…日本語教師、ライター

居住都市…台北市近郊の新北市(台湾)

前の月へ

2019.12

次の月へ
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     

最大の盛り上がりを見せた担任教師たちによるダンス

最大の盛り上がりを見せた担任教師たちによるダンス

 卒業式最大の見せ場になったのは、3年前も行った担任の先生たちによるダンス。その前に自主制作した動画を流し、会場の雰囲気を作っていきました。

 その動画は下記URL。
https://www.youtube.com/watch?v=XM5CqAQfN3o

 元の歌は、昨年流行した蕭全の「海草舞(下記URL参照)」ですが、タイトルを「我是你班導(筆者直訳:『私は君の担任』)」と換え、歌詞も学校生活に沿うものを作り、オリジナルのダンスも披露していました。。
 https://www.youtube.com/watch?v=W50B3GDmEsg

 動画が終わった時、舞台には着替えた3年生の担任の先生たちが集結し、ダンスを披露し、7月の受験を控えている卒業生たちを励ましました。ここで、客席の卒業生たちも立ち上がって一緒にダンスを行い、盛り上がっていました。このような盛り上がりは、過去の卒業式では見たことがなく、学校の雰囲気が少しずつ変わりつつあるのを感じ取りました。


卒業生代表から記念品の贈呈

卒業生代表から記念品の贈呈

 担任の先生はそのまま残り、舞台に上がってきた卒業生代表から花などの記念品を受け取り、最後の言葉を交わしていましたが、お互い笑顔で自撮りを行うところもあれば、涙、涙で最後の別れを惜しんでいるような光景も見られました。


2017年の学園祭での事件も再現

2017年の学園祭での事件も再現

 師大附中の卒業式恒例のものは、卒業生自ら3年間を振り返るコーナー。

 そこで、卒業生が1年生の学園祭で経験した「事件(下記URL参照)」も振り返っていて、時の流れの速さを強烈に感じました。

http://www.ima-earth.com/contents/entry.php?id=201742417114


台湾の卒業式では定番になりそう…

台湾の卒業式では定番になりそう…

 卒業式も終わりが近づき、自主制作した卒業歌の時には、スマートフォンのライトを使った幻想的な雰囲気を作っていました。

 スマートフォンのライトを使った演出は、他校でも見かけましたが、今後定番になりそうな気配です。


校内巡回終了後の様子

校内巡回終了後の様子

 卒業式が終わり、卒業生たちは校内巡回を行い、後輩たちに見送られながら学校を後にしました。

 振り返ると、卒業生が振り返っていた2017年の事件の時よりも、学校の雰囲気は良くなり、学校全体の一体感も出てきているように感じました。

 卒業式に限ってみれば、舞台と客席が一体になることが少なかったので、今年の一体感は特別高かったように見えました。来年以降、どのような姿を見せるか、楽しみになってきました。


レポーター「小川 聖市」の最近の記事

「台湾」の他の記事

  • 238 ビュー
  • 0 コメント

0 - Comments

Add your comments

サイト内検索

Name(required)

Mail(will not be published)

Website

Archives