ブラジル

ブラジル:サンパウロ

大浦 智子(おおうら ともこ)

職業…フリーランス
居住都市…ブラジル国サンパウロ市

前の月へ

2022.8

次の月へ
S M T W T F S
 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    

トラックが引っ掛かった電線を引っ張り、電柱が倒れた様子

トラックが引っ掛かった電線を引っ張り、電柱が倒れた様子

 サンパウロ市内には電線やケーブルが通りの上方に張り巡らされています。必要最低限の数本だけで結ばれているのではありません。人が住むところ、いつの間にか電気や電話、インターネットの他にも、何の線なのだろうと疑問を持つほど、電柱と電柱、電柱と建物の間が、10数本もの電線で結ばれています。切れていることもしばしばです。

 通常、電柱は通りの番号が奇数側に建てられていて、その電柱から偶数側の建物にさらに何本もの電線がつながれています。そのため、車道の真上にもたくさんの電線が張り巡らされています。

 この道路の上でつながれている電線が、高さのあるトラックが通る時に、よくかすったり引っ掛かることがあります。サンパウロでは地域ごとによく停電やインターネットが突然使用できなくなることが発生しますが、トラックが電線に当たることもその要因の一つです。


トラックが引っ掛かった電線を引っ張り、電柱が倒れて一時通行止めになった様子

トラックが引っ掛かった電線を引っ張り、電柱が倒れて一時通行止めになった様子

 時には、トラックが電線を強く引っぱることになり、線が切れることがあります。突然、特定の建物だけでインターネットが使用できなくなったと思ったら、実はトラックが通ったことでケーブルが切れていたということが後で分かります。そのような事は、電柱の建てられている通りの奇数番号ではなく、奇数番号側から電線を引いている偶数番号の方でより発生します。

 電線が切れるだけならまだよく、力がかかったことで、電柱まで倒れてしまうこともあります。電柱が倒れることは少ないですが、トラックが電線に引っ掛かることはよくあるにも関わらず、なかなか市内全体で状況が改善されないのが現状です。トラブルを未然に防ぐよりは、この程度の事なら、トラブルが発生してから修復工事を行うということを繰り返している感のあるブラジルです。


倒れた電柱の工事

倒れた電柱の工事


サンパウロの風景の一部

サンパウロの風景の一部



レポーター「大浦 智子」の最近の記事

「ブラジル」の他の記事

  • 117 ビュー
  • 0 コメント

0 - Comments

Add your comments

サイト内検索

Name(required)

Mail(will not be published)

Website

Archives