フランス

フランス:パリ

別紙 敦子(べっし あつこ)

氏名=別紙敦子
職業=観光業
居住都市=パリ(フランス)とバルセロナ(スペイン)年間1:2の割合で、行き来しています。

前の月へ

2024.7

次の月へ
S M T W T F S
 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    

6月15日〜16日開催「日本祭り」の会場 バルセロナ港岸

6月15日〜16日開催「日本祭り」の会場 バルセロナ港岸

 毎年恒例になりましたバルセロナの「日本祭り」に行ってまいりました。

 スペイン人の友人は、90ユーロで三味線をゲットして、大満足。ついでに、違うブースでは、1ユーロ(168円)で漢字のフェイクタトゥーを入れてもらって、はしゃいでいました。

 外国人にとって、日本文化に触れることは、非常にうれしいことのようで、「マンガ・バルセロナ」のイベントと同様に、待ちにまった『ジャパンイベント』なのです。


 まずは、お祭りが正午からスタートすることもあり、食べ物コーナーには最初から長蛇の列。メニューは王道の餃子、タコ焼き、おにぎり、焼き鳥、カレーライスなどがあったが、去年あった「焼きそば」が無かったので、残念がっている人がいました。

 それにしても、炎天下のなか 準備する人も苦労があるに違いないと感じました。


 外国人にとって魅了されるのが、「着物」です。人生一度は着てみたいと思うようです。

 着物を試着できるブースもありますし、お祭りを楽しむ間、着物を着てまわるのはテンションが上がるので、浴衣をレンタルする人がいます。1時間15ユーロ。3時間30ユーロです。

 ただ、借りるよりも購入しちゃおうと考える人のほうが多いようで、着物を着ている人に聞いてみると、このお祭りで着物を購入したと返答する人が多かったです。


「刀屋壱」

「刀屋壱」

 今年も、世界各地で活躍している侍・忍者パフォーマンスチームの「刀屋壱」の皆さんが 殺陣パフォーマンスを披露してくださり、会場を盛り上げてくださいました。

 バルセロナは、漫画やアニメを通して日本文化に憧れを持っている若者が多いので、観客は熱い眼差しを向けていました。


今年のロゴTシャツは20ユーロ。2019年製は5ユーロだった!

今年のロゴTシャツは20ユーロ。2019年製は5ユーロだった!

 日本でしか売られていないような品物が、手に取ってみて 購入できるチャンスがあるのが、このお祭りの魅力でもあります!

 ランドセル、こけし、食器、棚などの他に、細かな雑貨が ぎっしりと並んでいて、じっくり見ていたら 掘り出し物がありそうで楽しいです。

 日差しが強かったからでしょうか、「から傘」をさしている外人が何人もいたのが、印象的でした!


レポーター「別紙 敦子」の最近の記事

「フランス」の他の記事

0 - Comments

Add your comments

サイト内検索

Name(required)

Mail(will not be published)

Website

Archives