ブラジル

ブラジル:サンパウロ

大浦 智子(おおうら ともこ)

職業…主婦
居住都市…ブラジル国サンパウロ市

前の月へ

2017.1

次の月へ
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     
インディオ由来の秘薬で鼻すっきり

 不快な鼻詰まりに悩む人はブラジルでも少なくありません。  耳鼻科に通う、薬局の薬に頼る、自然治癒に期待するなど、日本でもおなじみの治療法以外に、ブラジルで密かに愛用する人がいるのが「ハペ(Rapé)」と呼ばれる嗅ぎ煙草です。 ..

  • 5 ビュー
  • コメント
日本の裏でも新年向けにお餅つき

 ブラジルの新年は夏。ブラジルの習慣にならって、涼しげな白い衣服を来て、スイカの並んだテーブルでお餅やお雑煮をほうばる日本人、日系人家庭があるのもまぎれもなくブラジルの一面です。  世界最大の日系社会のあるブラジル・サンパウロでは、日本にルーツがある人々の暮らすところ、今も日本の文化が大なり小 ..

  • 57 ビュー
  • コメント
町中で爆音と煙が広がる年明け

 ブラジルの新年の風物詩と言えば、爆音と煙に包まれながら深夜0時を彩る花火大会です。  世界的にもよく知られるのは、リオデジャネイロの海岸一帯で繰り広げられる噴水さながらに火を放つ派手な花火ショーです。  サンパウロでも市のメインストリートであるオフィスビル街の頭上で30分ほど止まること ..

  • 58 ビュー
  • コメント
年末年始の店頭を飾る白い服

 クリスマスから年末商戦に向けて、ブラジルの衣料品店の店頭に目立つようになるのが「白い」衣装です。  南半球の年末年始は夏真っ盛り。暑さをしのぐ涼しげな衣装ということで白い服が目玉商品になるだけでなく、年越しは全身を白い衣服に身を包んで新年を迎えるという習慣から、年末年始以外の暑い時期以上に、 ..

  • 40 ビュー
  • コメント
上質のお菓子には上質のシナモンで

 日本の感覚で料理の味付けと言えば塩と胡椒。それならお菓子と言えば...ずばり、ブラジルなら砂糖とシナモンです。  コーヒーの飲める店に行けば必ず砂糖があるように、胡椒感覚でシナモンの入った小瓶がテーブルに置かれているのはサンパウロでは珍しくありません。テーブルに置かれていなかったとしても、お ..

  • 20 ビュー
  • コメント
街路樹と組み合わせた都市の園芸

 サンパウロの通りを散歩中、よく見かけるのは街路樹に着生した蘭の花です。  樹木に様々な蘭をくくりつければやがて木にしっかりと固定され、街の喧騒で忙しい時をふと忘れさせてくれる艶やかな花が目に飛び込んできます。 ..

  • 75 ビュー
  • コメント
断然お得なスパイス卸売店

 胡椒、シナモン、クローヴ...。15世紀の大航海時代、ポルトガルは香辛料を求めてインドに向かいました。その途中、艦長カブラルの率いる第二回インド遠征隊がブラジルに「漂着」しました。世界史で「カブラルのブラジル発見」と記される1500年の事です。  それから500年以上。今、ブラジルはポルトガ ..

  • 104 ビュー
  • コメント
インディオ伝統の主食は大鍋で

 ブラジルには今もインディオの文化を色濃く受け継いで生活しているエスニック集団がいます。  ブラジルのインディオの主食として有名なものの一つがキャッサバ(マンジオカ)です。  キャッサバの調理法はバラエティーが豊かで、芋そのものもをゆでたり揚げたりするだけでもおいしくいただけますが、保存 ..

  • 173 ビュー
  • コメント
オクラたっぷり、鶏煮込み鍋

 ブラジル料理は鍋で煮込む料理が多くあります。  良質のコーヒー産地として有名なミナスジェライス州は、地域発祥の郷土料理であるミナス料理がよく知られています。素材も味付けも基本はシンプルなのにおいしい、というのが特徴です。  中でも、ミナス料理を代表するおいしいメニューの一つが「フランゴ ..

  • 113 ビュー
  • コメント
鍋と言えばムケッカ!

 「大鍋でグツグツと煮込んだ料理を皆で取り分て食べる」というのは、様々なブラジル料理によく見られるスタイルです。  「ブラジルの鍋」と言えば挙げればきりがないような気がしてきますが、日本的な感覚でも鍋らしい気がしてくるのが、魚介類を使ったムケッカです。ムケッカはやはり“土鍋”で煮込まれるのがポ ..

  • 53 ビュー
  • コメント

Archives