オランダ

オランダ:アムステルダム

フリードリヒス カオル

職業…フリーライター

居住都市…アムステルダム市(オランダ)

前の月へ

2020.10

次の月へ
S M T W T F S
    1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Glossy(グロッシー)誌がオランダで大流行中…グロッシーって、何?英語でグロッシーというと、「光沢のある写真印画紙」のことだそう。簡単にいえば、つるつるした紙を表紙に使用して、高級感を演出した雑誌のことをグロッシーと呼んでいるのです。


このグロッシー誌の売れ行きに注目した各出版社では、表紙に有名人(セレブ)の写真をアレンジするだけではなく、有名人たち自身の名前を雑誌名にし、彼らによる完全プロデュースと謳った雑誌を発行し始めました。


ウィレム・アレキサンダー王子もグロッシー誌に

ウィレム・アレキサンダー王子もグロッシー誌に

最初にこういった類の雑誌が考案されたとき、どの出版社も、「全くウケないのでは?」と、かなりおっかなびっくりだったそうです。ところが予想に反し、これがまた大ウケ!特にコメディアンのプロデュースによるグロッシー誌は、販売後数時間で売り切れになるほどの人気ぶりです。


オランダ極右党主ウィルダース氏のグロッシーも人気

オランダ極右党主ウィルダース氏のグロッシーも人気

最近では、著名サッカー選手によるグロッシー誌が人気を呼んでおり、彼によるファッション評やお薦めのレストランなど、内容も盛りだくさん。また、著名政治家のプロデュースによるグロッシーには、メタボ対策や効果的なダイエット法なども紹介されていて内容の充実度もなかなかです。


グロッシー誌を発行するためには、著名であることはもちろんのことですが、「名前を貸すだけ」ではダメなのだとか。実際に、雑誌をプロデュースするためには出版社の編集者たちと話合い、興味深いアイディアをたくさん提供することが必要なのだとか。セレブが持つ意外な(?)知識の引き出しを、最大限に紹介する雑誌、それがグロッシー誌である、といったところでしょうか。


レポーター「フリードリヒス カオル」の最近の記事

「オランダ」の他の記事

タグ:雑誌,流行、

  • 1664 ビュー
  • 0 コメント

0 - Comments

Add your comments

サイト内検索

Name(required)

Mail(will not be published)

Website