タイ

タイ:バンコク

青柳 みちよ(あおやぎ みちよ)

職業…主婦ライター

居住都市…バンコク(タイ)

前の月へ

2017.11

次の月へ
S M T W T F S
   1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30   

テレビの画面から 火葬場に向かう隊列

テレビの画面から 火葬場に向かう隊列

10月26日、バンコクの街はひっそりと静まり返りました。昨年亡くなったプミポン前国王の火葬が執り行われたからです。


テレビの画面から

テレビの画面から

葬儀会場となった王宮周辺には、25万人とも言われる多くの人がプミポン前国王に最後のお別れをするために集まりました。

 棺は5000人もの兵士らに守られながら、火葬場へと3時間かけて運ばれました。兵士の隊列は複雑な交差を繰り返しながら、独特の歩みを進めていきます。私はテレビで見ていましたが、この壮大で複雑な儀式を覚えるのはさぞかし大変だっただろうと、そちらの方が気になってしまったほどです。儀式の方法は王室に代々伝わるものだそうです。


街中に掲げられる前国王を描いた額縁

街中に掲げられる前国王を描いた額縁

 沿道で見送る人々はみな悲しそうな様子です。涙を浮かべる人も多くいました。前国王が亡くなられてから1年たったというのに、その悲しみはいまだ癒えていないようです。


いつもはにぎやかな場所もこの日はひっそり

いつもはにぎやかな場所もこの日はひっそり

 表に出ると、いつもならにぎやかなタラート(市場)が開かれる大学の敷地もひっそり。この日はどの店もお休みか、早い時間の店じまいとなりました。酒類の販売も禁止です。葬儀は29日まで続きました。


テレビの画面から 葬儀に参列するワチラロンコン新国王

テレビの画面から 葬儀に参列するワチラロンコン新国王

 10月30日からはいよいよ服喪期間も終わり、新たな国王であるワチラロンコン国王のもと、新しいタイの本格始動となります。この国はどんな展開を見せてくれるのでしょうか。期待いっぱいに見守っていきたいと思っています。


レポーター「青柳 みちよ」の最近の記事

「タイ」の他の記事

0 - Comments

Add your comments

サイト内検索

Name(required)

Mail(will not be published)

Website

Archives