タイ

タイ:バンコク

青柳 みちよ(あおやぎ みちよ)

職業…主婦ライター

居住都市…バンコク(タイ)

前の月へ

2019.11

次の月へ
S M T W T F S
     1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

周囲には高い建物がないので、この塔が良く目立ちます

周囲には高い建物がないので、この塔が良く目立ちます

ピンク色の高い塔に巨大な龍がからみつく仏塔。
テーマパークかと思わせる「奇想天外」なその建物はワット・サムプラン、通称ドラゴンタワーと呼ばれる仏教施設です。


下から見るとこんな感じ。なかなかの迫力!

下から見るとこんな感じ。なかなかの迫力!

ワット・サムプランはバンコクのお隣り、ナコンパトム県にあります。
ネットを繰って得た情報によると、この寺は1985年に作られたもので、寺院の創始者が7日間の断食瞑想をしている時、夢の中に現れた高僧から促されたことがきっかけで、建立することになったのだとか。わりと新しい施設のようです。


龍のお腹の中は飾りっ気もなく少々興ざめですが...

龍のお腹の中は飾りっ気もなく少々興ざめですが...

靴を脱いで塔の中に入り、龍の体内を歩いて屋上まで登ることもできます。
龍の体内と言っても中はただの薄暗い空間です。床は打ちっぱなしのコンクリートなので、ざらざらしていて足裏がちょっと痛かったです。


最上階にはお釈迦様の像などがあります。風通しも良く、皆ここでゆっくりしていました。

最上階にはお釈迦様の像などがあります。風通しも良く、皆ここでゆっくりしていました。

最上階に到着すると屋根のある展望台と言った感じで、一気に視界が開けます。更に細い階段を上がって屋上に上ると、周囲の風景を360度眺め下すことができます。ここからは龍の顔を真下から見上げることもできます。


途中の窓から龍の横顔をこっそり拝見。なかなか凝った造りです。見ごたえアリ!

途中の窓から龍の横顔をこっそり拝見。なかなか凝った造りです。見ごたえアリ!

ドラゴンタワー以外にも敷地内には色々な像や斬新な造り物があります。他の寺とはひと味違った趣きで、観光で訪れても十分に楽しめることでしょう。
とは言え、公的には紹介されていないため、外国人旅行客の姿はほとんどありません。在住日本人の間でも知る人ぞ知る寺院のようです。
ちなみに訪れたのはタイの旧正月、多くの参拝客で賑わっていました。地元の人に愛されるお寺であるようです。


レポーター「青柳 みちよ」の最近の記事

「タイ」の他の記事

0 - Comments

Add your comments

サイト内検索

Name(required)

Mail(will not be published)

Website

Archives