フランス

フランス:パリ

別紙 敦子(べっし あつこ)

氏名=別紙敦子
職業=観光業
居住都市=パリ(フランス)とバルセロナ(スペイン)年間1:2の割合で、行き来しています。

前の月へ

2022.11

次の月へ
S M T W T F S
  1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30    

中世の古い楽器の名称が由来の「サルテリオ」

中世の古い楽器の名称が由来の「サルテリオ」

 両手を広げたら、両側の外壁が手に届きそうな細い路地の一角に、「隠れ家」的カフェが、バルセロナ旧市街には、存在します。薄暗くて、こじんまりとしていますが、それがまるで中世のような魅力を醸し出しています。


カウンターの内部には、ティーポットやマグカップがぎっしりです。

カウンターの内部には、ティーポットやマグカップがぎっしりです。

 観光客のためというわけではなく、住民が友だちと会って愉しい時を過ごす場所でもあります。

 ローマ時代に舞い込んだかのような魅力的な場所で、当たり前のように暮らしているバルセロナっ子が、羨ましくなります。


店の奥もこの広さで、とても狭いです。

店の奥もこの広さで、とても狭いです。

 例えば、「サルテリオ」Salterioは『お茶する』場所だけではなく、オリーブオイルをふんだんに使い野菜と果物いっぱいの身体にとっても良い地中海料理も提供しています。

 ティーサロンの上、タパスや一品料理も美味しいので、いつの間にか、「トリップアドバイザー」、「トラベルチップ」、アプリの「レストランGuru」などの情報サイトでおすすめ店に選ばれて、知名度が上がっていました。今は、空いてる時間を狙っていかないと席がなかなか見つかりません!


私の大好きなミントティです! 

私の大好きなミントティです! 

 お砂糖なしでも、ミントの葉をたくさんポットにいれてくれるので、かなり濃厚で甘みを感じる美味さです。

 カップ3杯分は、入っているティーポットも置いてくださるので、お友達とおしゃべりが長引いても大丈夫です。

 他にも、カバやサングリアのアルコール類、アラビア風コーヒーやヨギ茶もおすすめです。


 一つ一つが身体に良さそうなモノをセレクトしたメニューになっているのがいいですね。

 だれでも簡単に見つけられないような場所にある「穴場」を発見できるのが、旧市街地の魅力でもあります。バルセロナに来たら、是非 散策してみてください!


レポーター「別紙 敦子」の最近の記事

「フランス」の他の記事

0 - Comments

Add your comments

サイト内検索

Name(required)

Mail(will not be published)

Website

Archives