台湾

台湾:台北

小川 聖市(オガワ セイイチ)

職業…日本語教師、ライター

居住都市…台北市近郊の新北市(台湾)

前の月へ

2024.6

次の月へ
S M T W T F S
      1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30       

会場の政治大學

会場の政治大學

 台湾では、大学にもよりますが1月中旬から2月中旬にかけて冬休みを迎えました。冬休みになると、地方から来ている学生たちは実家に帰省するため、MRTは大きいキャリーケースを引っ張る姿を多く見かけるようになります。

 國立政治大學の場合、1月16日から2月12日まで冬休みが設けられています。学生の気配がほとんどない冬休み初日の16日に、自校の体育館で開催する大学バスケUBAの男子予選が開催されることを受け、お祭りのような企画を開催しました。

 今回はその様子を紹介します。


広場で営業するキッチンカー

広場で営業するキッチンカー

 会場がある体育館の近くの広場では、キッチンカーが数台集まり、飲食物を提供していました。その中には、昨年7月に基隆で見た焼きそばとコロッケの屋台もあり、店主の方に思わず声をかけてしまいました。その時のことを振り返ったり、店主の方の日本滞在経験(仕事も兼ねての滞在)の話を聞いたり、とお互いに再会を喜びました。

【参考】
http://www.ima-earth.com/contents/entry.php?id=2022813121851


フリースローのゲーム

フリースローのゲーム

 バスケットボールの会場にあるゲームと言ったら、これしかないでしょう。
 フリースローのゲーム機も、来場者には人気があり、楽しむ姿が見られました。
 
 キッチンカーとゲーム機は12時から20時まで広場に置かれました。


自主制作のドキュメント映像の上映会

自主制作のドキュメント映像の上映会

 17時30分からは、政治大學の男子バスケ部が二連覇達成を記念して作られたドキュメント映像の上映会(100人限定)が行われました。映像は、大学の廣播電視學系というテレビ、ラジオにおけるマスメディアを学ぶ学科(日本では「広報メディア」と言った感じの学科)の学生たちが取材して作られたもので、この映像を制作した学生たちの成果発表の場でもあったようです。

 実際に上映された映像は、選手たちだけでなく、コーチ、チームスタッフ、大学関係者の素顔がしっかり出ていて、在校生でないとなかなか出せない雰囲気があったのがよかったです。

 *この上映会に参加した人には、キッチンカーの50元(約215円)の割引券とロゴマークのタトゥーシール2枚が配られました


オリジナルグッズも販売

オリジナルグッズも販売

 会場では、政治大學バスケ部のオリジナルグッズも販売されていました。キーホルダー、オリジナル布マスクなどの小物から、フーディー、Tシャツなどのアパレルまで幅広く置かれていて、購入する人も少なくなかったということでした。

 キッチンカー、ゲームコーナー、上映会は16日限り、オリジナルグッズの販売コーナーは16~19日の予選開催期間中、政治大學の試合が始まる20時前~試合終了まで営業していました。

 冬休み初日-それも1月22日の旧正月直前-で、来場者が少なくなり、自校のホームゲームで客席が寂しくなるのを避けるために考え出された企画だとは思いますが、バスケ以外で楽しめる要素があり、お祭り気分を堪能できたのはすごくよかったです。

 再度、このような企画が開催されることを祈ります。


レポーター「小川 聖市」の最近の記事

「台湾」の他の記事

  • 660 ビュー
  • 0 コメント

0 - Comments

Add your comments

サイト内検索

Name(required)

Mail(will not be published)

Website

Archives