日本

日本:千歳市

高橋 久美子(たかはし くみこ)

職業…専業主婦
居住都市…北海道千歳市

前の月へ

2022.1

次の月へ
S M T W T F S
      1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      

今も現役、昔ながらのオンドル

今も現役、昔ながらのオンドル

アニョハセヨ。こちら韓国もだんだんと暖房が必要な季節になってきました。韓国では戸建て・アパート問わず、ほとんどの家庭で「オンドル」という暖房を使っています。

オンドルは韓国式床暖房です。元々は炊事で起こした火の熱気を含んだ煙を床下に通すことで部屋を温めるものでした。


我が家は部屋ごとの温度調節はできず、スイッチを入れると家全体が暖まります

我が家は部屋ごとの温度調節はできず、スイッチを入れると家全体が暖まります

現代ではガスや電気、灯油でボイラーを沸かし、熱湯を床下のパイプに通す方式が一般的です。
建物によっては部屋ごとにオンドル調節をできる所もあるそうですが、家全体をたった一つのスイッチで調節したり、アパート全体でしか温度管理ができないアパートもあるそうです。


うちはフローリングに見えて実はフローリング模様の床シート

うちはフローリングに見えて実はフローリング模様の床シート

スイッチを切っても温水が冷めるまでは熱を放射し続ける・床が硬く痛いなど、私を含めほんの一部の人から不評なのは確かです。が、韓国人のみならず、多くの日本人にも「暖かい」と大人気のオンドル。オンドルに慣れた人はストーブなどの暖房器具をとても寒いと思うのだそうです。

実はこのオンドル、ボイラーを沸かすためのガス代等が夏の10倍から20倍になることもあります。そのため、最近は電気カーペットや電気ストーブで光熱費を抑えようという人も増えているとか。

日本も韓国も、これからますます寒さが厳しくなります。皆様も暖かくしてお体お気をつけください…。




レポーター「高橋 久美子」の最近の記事

「日本」の他の記事

  • 2152 ビュー
  • 0 コメント

0 - Comments

Add your comments

サイト内検索

Name(required)

Mail(will not be published)

Website

Archives