ネパール

ネパール:カトマンズ

うえの ともこ

職業…ライター、旅行会社勤務
居住都市…カトマンズ市(ネパール連邦民主共和国)
ナマステ!
ヒマラヤ山脈の麓、摩訶不思議な国にて、てんやわんやの愉快な生活を送っています。
こんなことからあんなことまで主婦的目線でリポートします。

前の月へ

2021.4

次の月へ
S M T W T F S
    1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

和式、洋式トイレがあるのはご存知の通り。
ネパールに来て、和式トイレの丸い部分、いわゆる「キンカクシ」と呼ばれる部分のないインド式があるのを知りました。


屋外で屋根、ドアなし!タイルがピンク色なのがなんとなく女子用の証?

屋外で屋根、ドアなし!タイルがピンク色なのがなんとなく女子用の証?

ネパールの地方にあるとある政府施設内の女子トイレはとても開放的でありました。そこにある便器の形がこれなのですが、一体何式と呼べば良いのでしょう?

天井、壁、ドアなし!おそらくこちらが小。
一つだけ壁とドアがある個室がありましたので、それが大の場合でしょうね。男子トイレに大小別の便器があるように、女子も?

誰もいないしせっかくなので?ものは試しと利用してみました。一人きりだからいいものの、お友達同士、また他人と並んで三人で一緒にというのはちょっと…ですね。


一応ホテルと呼ばれる中級の宿泊施設です。

一応ホテルと呼ばれる中級の宿泊施設です。

外国人観光客も多く訪れる観光地仏陀の智慧の目ストゥーパで有名なスワヤンブナートの女子トイレでは、入って直ぐに、パンツを下ろしてしゃがんでいる女性と目があったこともありました。しばし見つめ合う。。。
便器も足置きもなく、ただ前の溝に向かって用を足す形でした。

そう言えば、カトマンドゥ市内の中級クラスの宿泊施設にもありました。
洋式がありながらも、なぜか隅のほうに。サリーを着ている人などばこちらが使いやすいとか、理由があるのかもしれませんね。




レポーター「うえの ともこ」の最近の記事

「ネパール」の他の記事

  • 2419 ビュー
  • 0 コメント

0 - Comments

Add your comments

サイト内検索

Name(required)

Mail(will not be published)

Website

Archives