ネパール

ネパール:カトマンズ

うえの ともこ

職業…ライター、旅行会社勤務
居住都市…カトマンズ市(ネパール連邦民主共和国)
ナマステ!
ヒマラヤ山脈の麓、摩訶不思議な国にて、てんやわんやの愉快な生活を送っています。
こんなことからあんなことまで主婦的目線でリポートします。

前の月へ

2017.7

次の月へ
S M T W T F S
      1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      

 4月に車のクラクションの交通ルール改正の話題をお伝えしました。その後、明らかにクラクションの音が少なくなりました。ルールを順守させるため罰金という手段が非常に有効と裏付けられました。


 そして今度は歩行者に対し、カトマンズ盆地内で車道の横断歩道以外の場所を横断すると200ルピーの罰金という新ルールができました。車も危険運転やマナー違反が多いのですが、歩行者も同様によそ見や飛び出し、道に広がって歩くなど非常識な人が多く、交通事故が多発しているのが実情です。


交通量が多い広い道路、歩行者は群れになって道を渡ります

交通量が多い広い道路、歩行者は群れになって道を渡ります

 「横断歩道を渡りましょう」ということはごもっともで理解できます。しかし、カトマンズ市内の道路は横断歩道の白線がほとんど消えているか描かれていないのです。大通りを横切りたくてもどこにも横断歩道がない、これは問題です。

 警察も厳しく取り締まっていますが、まずは安全に渡れる横断歩道と車の一時停止線を引いてから施行してほしいものです。




レポーター「うえの ともこ」の最近の記事

「ネパール」の他の記事

0 - Comments

Add your comments

サイト内検索

Name(required)

Mail(will not be published)

Website

Archives