タイ

タイ:バンコク

青柳 みちよ(あおやぎ みちよ)

職業…主婦ライター

居住都市…バンコク(タイ)

前の月へ

2019.10

次の月へ
S M T W T F S
  1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31   

昨年、バンコクで2年目のミシュランガイドブックが発行され、これまでの美食勢力図に変化が見られました。
創刊の年に一つ星を獲得したドイツ料理レストランが、2年目に二つ星を獲得したことで、その注目度を一気に高めたのです。


右手に双子のシェフが揃って現れた瞬間!

右手に双子のシェフが揃って現れた瞬間!

バンコクの“食”と言えば「屋台にタイ料理でしょ」というのが大方のイメージですが、実はタイ料理以外でもレベルの高い味を供する店はたくさんあります。
そして今回大いに注目されたのは、モダンジャーマン料理の店「suhring(ズーリング)」でした。


可愛いだけじゃない。ちゃんと美味しいのです

可愛いだけじゃない。ちゃんと美味しいのです

ステキな一軒家を改築して造られたレストランは、一階のテーブル席を通り抜け、地下に降りたところが厨房です。そしてその仕事を眺めながら食事ができるようにカウンターテーブルが設けられています。
大勢の料理人たちを指揮しているのは双子のドイツ人シェフ。二人は見分けがつくように白と黒、別々のシェフジャケットを身に着けています。


パンがデッシュとなることを知りました

パンがデッシュとなることを知りました

運ばれてくるコース料理はどれもアートのように美しく、味はとてもバランスよく、フレンチに似ているかと思いきや、やっぱりそれとも違います。
そのコンセプトは「子供の頃の思い出の味」。祖父母から受け継がれたレシピが、現在のコンテンポラリースタイルに大きな影響を与えていると言います。


コックさんたちも真剣です

コックさんたちも真剣です

タイ料理に限らず「美味しい料理を食べれる街」としてさらなる発展の兆しを見せるバンコク。アジアでは受け入れられないんじゃないか危惧したという「ドイツ料理レストラン」の成功は、美食の街が次のステージへと昇るきっかけとなる気がします。


レポーター「青柳 みちよ」の最近の記事

「タイ」の他の記事

0 - Comments

Add your comments

サイト内検索

Name(required)

Mail(will not be published)

Website

Archives