ネパール

ネパール:カトマンズ

うえの ともこ

職業…ライター、旅行会社勤務
居住都市…カトマンズ市(ネパール連邦民主共和国)
ナマステ!
ヒマラヤ山脈の麓、摩訶不思議な国にて、てんやわんやの愉快な生活を送っています。
こんなことからあんなことまで主婦的目線でリポートします。

前の月へ

2017.2

次の月へ
S M T W T F S
   1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28     
お皿を守ってお替りを阻止!

ご飯と豆のスープ、数種類のおかずで構成されるネパール料理「ダルバート」毎日の家庭の食卓に上るごはんであり、お祝いやパーティーでも振舞われます。どちらの場合もお腹いっぱい、じゃんじゃん食べることが良しとされ、必ずお替りをすすめられます。 ご飯は長粒米でぱらっとしていて軽い食感。ネパール料理のおかずは ..

  • 17 ビュー
  • コメント
学問の神様のお寺に落書き

2月1日は当地の暦では「バサンタパンチャミ」という立春でした。また同時に学問と芸術の神様サラスワティ女神に祈りを捧げる「サラスワティプジャ」でもありました。 ..

  • 18 ビュー
  • コメント
カトマンズ近郊のヒマラヤ展望台へはケーブルカーでGo!

カトマンズ盆地の西、市内から車で2,30分ほどの郊外にある標高2520mのチャンドラギリの丘。麓のタンコットから丘の頂上までを10分弱で結ぶケーブルカーが開通して約半年。 現在乾季で空気が澄み、ヒマラヤ山脈が東から西までクリアに見渡せる初のベストシーズンとなっています。市内から近いこともあり、冬休 ..

  • 36 ビュー
  • コメント
多様な宗教や食習慣に対応

日本にも世界中から多くの外国人観光客が訪れるようになってきました。アレルギーを起こしやすい食材や原材料、食品添加物やカロリーの表示が細かくなされてるのはとても感心します。一方で様々な宗教を信仰する人たちのための食事について、なかなか対応が追いついていないような印象を受けます。 ..

  • 52 ビュー
  • コメント
一時帰国での免税手続き

昨年一時帰国で買い物をした時に、初めて免税手続きをして消費税の払い戻しを受けました。 どこででも何に対してもできるわけではないようですが、短期滞在の外国人同様、在外邦人も免税対象になっています。 大手衣料品店とショッピングモールの二箇所で、必要書類が少し違っていました。 ..

  • 59 ビュー
  • コメント
インド式かき氷 アイスゴーラ

昔懐かしい手回しかき氷機が先日、年末12月のグルン族の新年を祝うタムロサール会場にありました。極寒期ではありますが、この日の最高気温は20度を少し超えるくらいで日差しも強かったので、売れ行きはまずまずの様子。 ..

  • 54 ビュー
  • コメント
運転免許証更新のオンライン申請化

ネパールの運転免許証を取得してはや5年が過ぎました。その間ほとんど車やバイクを運転することもなくペーパードライバーです。免許証自体は在住者の身分証明書としてのみ役に立っています。 今年ラミネート加工の運転免許カードが、ICチップの入ったスマートライセンスカードにリニューアルされました。当初はス ..

  • 80 ビュー
  • コメント
「パウロティ」は薄切りだけ!〜ネパール食パン事情〜

ネパールは稲作が盛んで米飯が主食なので、パンは軽食、おやつ程度の位置付けです。そのせいかパンへのこだわりはあまりないようです。 住宅街のよろず屋やスーパーマーケットには、毎日ネパールの工場で作った食パン「パウロティ」が配送されてきます。そのサイズは日本のものより小ぶり。ホワイトブレッド、ブラウ ..

  • 46 ビュー
  • コメント
タムロサール グルン族のお正月

ネパール公式の暦では4月が新年となりますが、ネパールに暮らす民族それぞれの暦があり、11月頃から順番に新年を祝う行事が行われます。シェルパやタマン族など人口が多い民族の新年はネパール公式の暦でも祝日とされています。 西暦と一番近いの新年を祝うのが、12月30日山岳民族グルン族の「タムロサール」でこ ..

  • 39 ビュー
  • コメント
寺院再建に向けてご祈祷

カトマンズダルバール広場にて、カスタマンダップ寺院再建前の祈祷「プジャ」が行われました。 ..

  • 52 ビュー
  • コメント