台湾

台湾:台北

小川 聖市(オガワ セイイチ)

職業…日本語教師、ライター

居住都市…台北市近郊の新北市(台湾)

前の月へ

2022.5

次の月へ
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     

試合終了直前に交代し、涙に暮れる陳育緹

試合終了直前に交代し、涙に暮れる陳育緹

 昨年まで大学バスケUBA女子で二連覇中の世新大學の様子を、過去に写真で簡単に紹介しました。

【参考】
http://www.ima-earth.com/contents/entry.php?id=202142903938
http://www.ima-earth.com/contents/entry.php?id=20204314215

 今年は三連覇がかかりましたが、思わぬ試練が訪れたようで、今回はその様子を紹介します。

 世新大學は、2020年3月3日の中國文化大學戦から2月22日の佛光大學戦まで、UBAの公式戦で38連勝を記録していました。その連勝記録が2月23日の台湾師範大學戦で61ー74で敗れたことで途切れました。この試合に勝った台湾師範大學は、6チームで行われる2次予選を全勝で1位、連勝記録が止まった世新大學は4勝1敗で2位となったことで、1ヶ月後に開催される決勝トーナメントに不安を残しました。

 中でも、2018年時からベンチ入りし、3ポイントシュートの精度の高さとスピードを武器に試合に出場し、UBA通算1000得点以上を挙げている陳育緹は、三連覇と最上級生としてチームを引っ張っていかないといけない、という重圧が重くのしかかっていたようで、勝利へ導けなかった自身への不甲斐なさからか、試合終了間際に交代してからは、ベンチ後方にある客席に座り、頭からタオルを被り、涙をぬぐっていました。

 この試合、陳育緹は3ポイントシュート5本中3本入れ、15得点、5アシストと悔し涙に暮れるような結果を残したわけでないのですが、ショックの方が強かったようで、他のチームメイトがロッカールームに消えてからも座り込んでいて、チームスタッフが迎えにくるまで、立とうとはしませんでした。


準決勝の中國文化大學戦より

準決勝の中國文化大學戦より

 連勝記録が止まってから迎えた決勝トーナメントは、3位の中國文化大學が対戦相手になりました。世新大學は2年前の決勝で対戦していますが、決して楽な相手ではなく、厳しい戦いが予想されましたが、68ー58で勝ち、4年連続で決勝に進出しました。

 この試合で光ったのは、上の写真でシュートを打っている許玟瑄。1ヶ月前の2次予選までキャプテンを務めていた選手でしたが、調子があまり良くなかったことから、コーチの指示で重圧を取り除くためにキャプテンを下りることになりました。その選手がこの試合で16得点、8リバウンドの活躍を見せたことで、決勝の台湾師範大學戦に向け、弾みをつけた格好になりました。


決勝のフリースローを放つ李吟チー(背番号8の選手)

決勝のフリースローを放つ李吟チー(背番号8の選手)

 決勝は点の取り合いになっただけでなく、お互いに点差を広げられる展開にならず、56ー58と台湾師範大學のリードで迎えた最後の19.13秒で、世新大學のシュートが決まり、58ー58。その後のフリースローも入れ、59ー58。

 1点差のドキドキする展開で、世新大學はディフェンスに入りますが、残り3.52秒でファウルを取られ、フリースローを与えます。

 このフリースローを台湾師範大學の選手が2本とも外しただけでなく、2本目のリバウンドを世新大學の許玟瑄がとり、ボールを抱えしゃがみ込んだことで台湾師範大學の選手たちは何もできなくなり、そのまま終了を迎えました。


歓喜の瞬間

歓喜の瞬間

 正直、最後のフリースローを2本外すとは思っていなかっただけでなく、反対側から見ていたため、ユニホームの濃い色と背景が重なってしまい、何が起きたのかよく分からず、呆気に取られた感じになりました。仮にリバウンドをとられても、すぐファウルで止めるだろうと思っていたので、止まらずそのまま進んでいったのが信じられず、「え、ウソ、あれ…」という感じになっていました。

 迎えた歓喜の瞬間、選手たちは三連覇の重圧から開放されたのか、ほとんどの選手が涙を流していました。


応援席に一礼後、両手をつき、うれし涙に暮れる陳育緹(中央、紙テープが絡まっている選手)

応援席に一礼後、両手をつき、うれし涙に暮れる陳育緹(中央、紙テープが絡まっている選手)

 この時の世新大學の選手たちは、過去UBAを見た中で1番涙を流していたように見えました。応援席へ一礼をした後も、余韻を引きずり、ロッカールームに戻る前に多くの選手が抱擁を交わし、うれし涙を流していました。

 特に陳育緹は、応援席の一礼後にしゃがみ込んで涙、チームメイトに抱きついて涙、記者会見で何正峰ヘッドコーチからの労いと感謝の一言を聞いてまた涙、と今までに見たことがないくらいの涙で決勝を終えました。

 この時は私も選手たちにつられ、思わず涙が出てしまった決勝戦でした。

【参考】

https://www.dp-womenbasket.com/2022/03/19/【110uba】教練的眼?逼出更好的許玟瑄-世新明挑戰三/

https://www.dp-womenbasket.com/2022/03/20/【110uba】戲劇性逆轉奪冠-世新大學完成三連霸證明實/

https://tw.sports.yahoo.com/news/uba台師大斷世新38連勝-贏13分闖進4強-102100090.html

https://www.youtube.com/watch?v=y6_E3APV_No

https://www.youtube.com/watch?v=12R6ABG2jmo

https://www.youtube.com/watch?v=2RoV1WtK8iI

https://www.youtube.com/watch?v=deYs_0PPPes


レポーター「小川 聖市」の最近の記事

「台湾」の他の記事

  • 164 ビュー
  • 0 コメント

0 - Comments

Add your comments

サイト内検索

Name(required)

Mail(will not be published)

Website

Archives