フランス

フランス:パリ

別紙 敦子(べっし あつこ)

氏名=別紙敦子
職業=観光業
居住都市=パリ(フランス)とバルセロナ(スペイン)年間1:2の割合で、行き来しています。

前の月へ

2018.9

次の月へ
S M T W T F S
      1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30       

スペインのバルセロナと言えば、スポーツ好きの方なら即座に、サッカーチームのFCバルセロナ、通称「バルサ」を、思い浮かべるのではないでしょうか?
スペインの国技はサッカーであり、その上、世界的に有名なバルサが地元にあるのですから、ここの子供たちがサッカーに興味を持つのも当然かと思われます。

バルセロナには、大きく3つの子供サッカークラブFC BARCA、CF DAMMとCE EUROPAが存在しますので、まず簡単に、読者にご紹介いたします。
*FC BARCAは、8~18歳の学生選手が80人所属しています。
        学校やクラブから厳しい選抜を経て来た子供達がいます。
        ここからプロになる確率が大変高い。以前、日本人の小学生がいました!
        費用は全てクラブが負担します。
*CF DAMMは、8~18歳の学生が、14のカテゴリーに分かれて約250人所属しています。
        クラブでは、常に才能のある子を探しています。
カテゴリーにより、期間が決められ、軽い契約が交わされるそうです。
        費用はクラブ負担。
*CE EUROPAは、学校との関係がかなり深い総合スポーツクラブで、サッカーチームは33ある。
どのクラブにも、抜き打ちでスカウトに来る人物が訪れるそうです。
子供達は、彼らにスカウトされることを願って、普段の練習の時でも常に良いプレイを心がけます。まるで、プロと変わりませんね。


メッシのカード(今月11日に国際サッカー連盟の2015年最優秀選手バロンドールを受賞)

メッシのカード(今月11日に国際サッカー連盟の2015年最優秀選手バロンドールを受賞)

バルセロナに住む子供たちは、誰もが一度はメッシに憧れ、彼の様なリーガに成りたいと思っていると言っても過言ではないくらいです。
スペインリーグは、観客に魅せるサッカーをすることを重要視し、興奮させる技を見せてくれますから、子供たちが憧れるのも理解できます。


ただ、サッカーに夢中になっている子供を持つ親が、かなり負担に感じているのが問題になっています。

放課後は勿論、週末もサッカー三昧の子供の生活パターンに協力しなければならない現実。

家族全員の生活にも、かなり影響があるそうです。
子供達は学校の勉強をする時間も最低限になり、プロ選手並みの時間を練習に費やす。

親は、その熱意と努力は誇らしく嬉しいが、幼いころからずっとサッカーのみの生活で、将来サッカーで食べていける人が少ないのも承知だからこそ、不安が募るらしいです。


年会費を支払うと こんなスポーツ連盟の会員証がいただけます。

年会費を支払うと こんなスポーツ連盟の会員証がいただけます。

バルセロナでは、どんなスポーツでも試合に出場するためには、スポーツ連盟に加入するのが不可欠です。子供がスポーツをただ楽しむだけなら要らないが、どこか他のチームと試合したいとなると、加入していないと選手として参加不可なわけです。

とにかく、バルセロナでサッカーをする子供たちは、クラブに所属することで、よりプロになりたいと言う意識を高める要素が高い環境にある気がしました。

親としては、「ちょっとだけ、サッカーを楽しむクラブ」が有って欲しいのですが・・・。



レポーター「別紙 敦子」の最近の記事

「フランス」の他の記事

0 - Comments

Add your comments

サイト内検索

Name(required)

Mail(will not be published)

Website