スウェーデン

スウェーデン:ウメオ

山本 グィスラソン 由佳(やまもと ぐぃすらそん ゆか)

職業:音楽関係
居住都市:ウメオ(スウェーデン)

前の月へ

2023.1

次の月へ
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     

開店当日の16時頃、多くの人が並んでいます。

開店当日の16時頃、多くの人が並んでいます。

世界に人気のコーヒーチェーン店「スターバックス」が、1月24日ヨーテボリにもオープンしました。
場所はヨーテボリの駅構内、開店初日にはオープンを待ちわびていた多くの人たちが、一刻も早くスタバを試したいがごとくに、長い列を作っていました。


店内の様子 コーヒー豆やマグカップなども販売され、サイドメニューも充実しています

店内の様子 コーヒー豆やマグカップなども販売され、サイドメニューも充実しています

ヨーテボリのスタバには、日本でいうショートサイズはなく、トールサイズから、グランデ、ベンティもあります。

気になる値段は、トールサイズのカフェラテで35クローナ(=約420円)、カフェモカやキャラメルマキアートはトールで42クローナ(=約500円)グランデ、ベンティと、約7クローナずつ値上がりします。
スウェーデンの他のコーヒー店と比較しても少し高めですが、「世界のスターバックス」というだけあり、納得いく値段設定と思います。

またスウェーデンではほとんど取り扱いのないアイスのコーヒードリンクも各種注文が可能です。スタバがヨーテボリに展開したことで「コーヒーを冷たくして飲む」ということも、新しい飲み方として国民の間で徐々に広がる可能性も期待できます。


開店初日のレジ、多くの注文を受ける店員の皆様も大忙しの様子でした

開店初日のレジ、多くの注文を受ける店員の皆様も大忙しの様子でした


スウェーデン語で登場したスタバのパンフレット

スウェーデン語で登場したスタバのパンフレット

これまでスウェーデン国内のスタバは、ストックホルムのアーランダ空港のみでした。また北欧内ではデンマークのコペンハーゲン、カストロップ空港にもありますが、国民が通勤、通学などの立ち寄り場所として、また日々のくつろぎカフェとして機能するスタバは、このヨーテボリの店が第一号です。
将来的にはスウェーデン南部など、国内に10店舗ほどに拡大することも検討されているとのことです。

日本に帰国時の楽しみの一つが「スタバ」というのは、今後も変わらないと思いますが、ヨーテボリにもオープンしたことで楽しみが一つ増えたように思います。


少し混み具合が落ち着いた開店翌日、オープンの看板メニューにもなっていたキャラメルマキアートを美味しくいただいて参りました

少し混み具合が落ち着いた開店翌日、オープンの看板メニューにもなっていたキャラメルマキアートを美味しくいただいて参りました


レポーター「山本 グィスラソン 由佳」の最近の記事

「スウェーデン」の他の記事

  • 2004 ビュー
  • 0 コメント

0 - Comments

Add your comments

サイト内検索

Name(required)

Mail(will not be published)

Website

Archives