オランダ

オランダ:ヘルダーランド州

東畑 るり子(とうはた るりこ)

職業…ライター、翻訳、調査 業務
居住都市…ヘルダーランド州 オランダ

前の月へ

2018.7

次の月へ
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     

nosのサイトから 救出される乗客

nosのサイトから 救出される乗客

土曜の夕方、アムステルダム中央駅近くで列車の正面衝突が発生しました。怪我を負った人は少なくとも125人、そのうち13人は重体、43人は重症ということです。駅近くで発生したためスピードはあがっておらず、脱線などはなかったものの衝撃は大きく、乗客は「椅子がはずれたかと思った」と話しています。

原因はまだわかっておらず、調査中です。

救出されるようすなど動画はこちらからごらんください。NOS(オランダのNHKです)
http://nos.nl/video/364908-hulpverleners-bij-treinongeluk-amsterdam.html


地図;ローカルニュースのサイトから http://www.haarlemsdagblad.nl/algemeen/binnenland/article15255953.ece/Amsterdam-is-ernstigste-treinongeluk-in-jaren

地図;ローカルニュースのサイトから http://www.haarlemsdagblad.nl/algemeen/binnenland/article15255953.ece/Amsterdam-is-ernstigste-treinongeluk-in-jaren

この列車は「春の音、松ぼっくりの音」でふれた南ケンメルランド(zuid kennemerland )国立公園にむかう路線の電車です。まさに3週間ほど前に乗ったばかりなので、二重にショックでした。
http://www.ima-earth.com/contents/entry.php?id=20124420152

このところオランダ鉄道(ns)の評判はボロボロです。
遅延はもう日常風景、深刻な事故も多いです。事故が発生した日の昼、鉄道に不満を述べる人のニュースをみながら「何かあるんじゃないか」と考えていた矢先のできごとです。


nosのサイトから 正面衝突です

nosのサイトから 正面衝突です

数年前に私が経験したことです。
列車が数時間近くも遅延して、やっとの思いで深夜、駅にたどりつきました。と思ったら、停車位置がずれていて、先頭車両に乗っていた私は、ドアが開かず降りることができませんでした。

特急列車だったので次の駅までは数十キロ、10分以上です。引き返すにしても接続電車もほとんどありません。深夜なのでバスもなくなってしまいます。一緒にいた主人や、他の男性乗客たちもかなり怒っていて、皆で一緒に、車掌をさがしだして文句をつけました。

すると、駅員は肩をすくめて「私が運転してたんじゃないから」と言いおいて、逃げるように走り去ってしまったのです。

また知人の乗っていた電車は、停車駅を飛ばしてしまったため、途中で急停車してバックしていたそうです。


つい最近も、ポイント故障かなんかで電車が動かず都市機能が麻痺してしまったことがあります。幹部職員の言い訳は「世界でもっとも混雑した路線ですから」でした。日本に来た事がある主人は、「おいおい・・東京や大阪の電車事情を知らないのかい・・・」とつぶやいていました。

かなり最悪なオランダ電車事情です。


「22日(日曜)17時の追加ニュース」
昨日の列車事故で68歳の女性が一人お亡くなりました。



レポーター「東畑 るり子」の最近の記事

「オランダ」の他の記事

  • 691 ビュー
  • 0 コメント

0 - Comments

Add your comments

サイト内検索

Name(required)

Mail(will not be published)

Website