タイ

タイ:バンコク

青柳 みちよ(あおやぎ みちよ)

職業…主婦ライター

居住都市…バンコク(タイ)

前の月へ

2017.5

次の月へ
S M T W T F S
 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    

店内の個室も犬オーケーにしている店もあります

店内の個室も犬オーケーにしている店もあります

バンコクには愛犬連れで滞在している外国人駐在員がたくさんいます。
そのため犬連れ可能なアパートメントの数も多く、周囲のカフェやレストランも外のテーブル席なら犬同伴でもオーケーというところが多いです。
我が家も大型犬連れのため、犬に対して寛容な対応は本当に助かります。


犬たちは外に出たそうですが…

犬たちは外に出たそうですが…

例えば週末には散歩の途中のカフェで朝ごはんを食べたり、夕方ならパブのテラス席でビールを飲んだりしています。
その間、愛犬はおとなしく横でお座り…とはいかず、通りがかる客や店員たちに愛嬌を振りまきながら、かまってもらうととても嬉しそうに反応します。


朝食のカフェもテラス席で一緒です

朝食のカフェもテラス席で一緒です

今まで過ごしてきた他の国々では、犬に対する規制がとても厳しかったり、ドッグフレンドリーな国であっても、店に犬を連れてくる事は出来ないケースがほとんどでした。
それだけに、バンコクの「犬対応」は飼い主にとってとても助かるし、愛犬と共に行動できる範囲が広がり、嬉しいことでもあります。


外国人御用達のオープンエアーパブでも

外国人御用達のオープンエアーパブでも

数知れぬほど多くの野良犬がいるバンコク。不思議なのは野良犬のそばを通るのは躊躇ないのに、リードをつけていても大き目の飼い犬には怯えてみせるタイ人が多いことです。
しっかり躾をせずに放し飼いにするタイ人が多いことが原因かもしれません。


犬連れオーケー 他のわんこたちと仲良くしてね

犬連れオーケー 他のわんこたちと仲良くしてね

犬文化については決して先進国とは言えないこの国で、愛犬を連れて食事できる店に事欠かないのはほとんどミラクルです。
このあたりが「バンコクは外国人にも住みやすい」と言われる理由のひとつかもしれません。


レポーター「青柳 みちよ」の最近の記事

「タイ」の他の記事

  • 123 ビュー
  • 0 コメント

0 - Comments

Add your comments

サイト内検索

Name(required)

Mail(will not be published)

Website